So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

美瑛富良野、ホタルストリート ラスクと北海道その③終わり [旅行]



目指すは一路、美瑛、青い池。

雲海テラス同様、ここも行って見たかった場所。ホテルのあるトマムから2時間弱。

いやぁ、これぞ北海道でしょうか、高速でもない道をひたすら真っ直ぐ真っ直ぐ、走る感じ。

そりゃ眠気に食われそうになる。

実際助手席の友達はずっと寝てましたから( ̄∀ ̄)

とりあえず休憩なしで一気に到着。

したのが

ここ

あなたは私の憧れの場所でしたー!(°▽°)


「青い池」


FECE6898-5E3E-461B-9FF1-1D87EF06FD54.jpeg


綺麗。その状況によって見える色が違うとか。


39DA1D5F-0445-4B57-B2A9-E70973C39B19.jpeg


それはねー


3キロ先にあるこの「白ひげの滝」 ←(橋の上から見るだけなんですが、結構スリル、こわい)


5A23D705-86CB-4E6D-A384-C0EBE116D97B.jpeg


から流れる水のナトリウムが青い池に流れる美瑛川の水と混ざり、なんかの成分を作り出し、

それが太陽光と反射し、青く見える そうです ← ざっくり。


冬はライトアップするみたいです。これも見て見たいけど、どんだけ寒いんだろー

12CF4950-BCE9-4350-8939-7CFB7F39981F.jpeg


さて、この辺りの公園でコーヒーと、昨日小樽のルタオで買ったフロマージュパイでブレイク


8A55286F-BEA5-4064-A053-C252A4F0C69C.jpeg

ラスクしかいない草原


669A1F44-AE18-4E12-899A-F2312F4B1B6B.jpeg

「四季彩の丘」


D79F7585-0A0C-4F67-BD91-C5EED81FE432.jpeg


「ファーム富田」 早咲きのラベンダー 。ピークは後ひと月後くらいかな、けどそれでも十分綺麗だよー


77FE390D-CE47-4CCB-A82D-F1E5BBE354D6.jpeg




青空ー!


A716C38F-53A2-4F2D-9315-67F62082FC82.jpeg

季節のメロンを食す。ラベンダーソフトクリームはレモンの味わいで爽やか。

そこらじゅう綺麗で気持ちよくて、北海道ありがとう。

416BAE95-3460-4D4B-B145-84FB4315B816.jpeg


さてー、夕食が待ってるからホテル帰ろー。ここからトマムまで1時間半。一気に帰るぞー


部屋に荷物置いて、ラスク連れて、星野リゾート内

「ホタルストリート」→ https://www.snowtomamu.jp/hotalu-street/#link02

森の中を歩いて5、6分くらい

お散歩にいいね。気持ちいいね〜


37E01815-3FBF-43E7-BDDC-E1E4C324DB5E.jpeg

この前の冬にできたばっかりなんですね?

ラッキー[るんるん]


9軒のレストランが連なる。ラーメン、ステーキ、海鮮、サンドイッチ、イタリアン、などなど。。

その中でテイクアウトできるお店を回ります。


23D8838A-FC54-4BE4-8CD9-730CEFC6B10F.jpeg


デリカテッセンのお店。

19DC1B1D-8495-4F32-9BC2-21DE95E9235F.jpeg


ミニコッペサンドのお店

C661C93A-1974-4E67-8EAF-E39008448B01.jpeg

友達が買い物してくれてる間ラスクと散歩。

BB7D395A-6F56-47E8-AB43-5C0D818B8FDB.jpeg


ACAA1E20-9948-40AB-B86F-0ED630AA2FE3.jpeg


焚き火も

EFBEA44C-F7CA-4266-A425-2CE39889A06F.jpeg

さー、お部屋戻ろー、最後の晩餐だー

このホタルストリートいいです〜テラス席もあったので、外でも食べられますねー

1CD7566E-04C7-4A0A-8C8F-BD81F671F7CA.jpeg


北海道スパークリングワインに、デリの数々

タンドリーチキン、ローストビーフサラダ、アジのマリネ、サーモンサンド、アボカドマグロいくらのドラゴンロールなどなど。


DE57FC1F-24C1-49E3-9074-CF1BE7A1686A.jpeg

この後、ホテルの売店に追加のお酒とデザートを買いに。

1E9AFCF2-5972-490D-890D-FFAD49D08CAA.jpeg

食うねー、飲むねー。

90EB25B3-15AA-4F47-B297-F63B6B5F1492.jpeg


次の日の朝ごはんは、

焼きたてフレンチトーストが味わえる32階にある「プラチナム」のビュッフェ。

1E890AEF-DF87-4F75-9A0F-DF4AC0286E89.jpeg

朝ラーメンもあります。

このビュッフェも品数、おいしさ、雰囲気共に、はなまるでございます


7160F734-5E25-4E40-9989-3015FEE36C89.jpeg


3FBFCA3A-ED01-4F94-881A-BB3E655A9CC2.jpeg

部屋でゆっくり過ごし、千歳空港へ。

千歳空港では最後の寿司、回転寿司を食べて、北海道旅行2018終了です。


コブ付きの私と一緒に旅してくれた友に感謝

C4BA296F-5FA3-4516-8A1E-8D7BA40AB003.jpeg



楽しかったなぁ。


さて、星野リゾートトマムですが、おいくらでしょー


6月のお値段一人25000円です(7月、8月は一万円アップ)

ギリシーズンオフだったんですねぇ。

100㎡以上のスィートルームに、こんな豪華な朝食ついてですよ。

夕ご飯付いてなくても、普通のホテルより全然お安いですよ。

このクォリティ、北海道ならではでしょうかー

お得だと思います!

また来たい!


部屋についてた立派なサウナ、酔っ払って使わず。なんてもったいない。

後一泊あればなぁと思わせる、流石の星野。このこの。




以上

北海道レポでした。


2E9DDD99-2363-42FD-A181-81E1BF1F172A.jpeg


ご愛読感謝ですv(^_^v)♪



コメント(0) 

雲海テラスにゴージャス朝食 ラスクと北海道その② [旅行]

トマムの朝。


4時起き。なぜかというと、

雲海テラスに行くためです。

これ見るためにトマムに泊まったと言っても過言ではないでしょう。

しかーし、しかーし、、、

空はどんよりしてるし、上はどんなんだろうなぁ。

雲海見える確率は年間通して30パーセントとか。


ホテルのシャトルバスに乗り、

雲海テラス直行ゴンドラ

F61439B5-6C88-450E-8AF4-FEEB5D9DE8C7.jpeg

ラスクも一緒でございます〜


8E09AF87-7EFC-4502-A84D-33BD7F533469.jpeg


ゴンドラ往復1900円ですが、これもホテル代に含まれてます。


9A3F5947-8404-435A-A160-107D63F6322D.jpeg


行きはゆっくり、帰りはぐわーーんって進むゴンドラ。絶景。な( ;∀;)


11656951-9320-4500-BFB0-07DFFFE7FD87.jpeg


何も言わずに留守番したり、一緒について来たり、いい子ね、いい子〜


494C4C64-C79F-4E1D-8925-AC48D8418AC6.jpeg


さて、頂上に到着


!!。。。。!!。。。。


真っ白( ̄▽ ̄;)


8332FFA2-CF36-4DE1-9F5D-70E76FBFB5C2.jpeg


一面  真っ白 ( ;∀;)


雲海どこ?あたしら雲海の中にいるのか。


残念無念。これだけはどうすることもできない。

一気に風が吹けばいいのにー!とか、呪いたくなりましたが、

ゴンドラ運行さえしない日も結構あるとか。

ここまで来れただけでもいいか(;_;)


けど、頂上は結構面白くって、なかなかいい散歩コースで一周30分くらいかな?

撮影スポットもいくつかあったけど、いかんせん、真っ白なんで、どこで撮っても同じですが、




なかなかのスリル( ̄∀ ̄)


BBEADBD7-2659-4747-B587-18B792758833.jpeg


コーヒー飲むところもあったり。

BCA36861-889D-45A9-BB97-54A2D5B761A5.jpeg



朝のいい運動になりました

また来たい。来たいなぁ。


↓  これホテルの公式の写真。運がいい時はこれが拝める〜



DCF67B59-19D9-4D5A-9290-F6153BAE96DD.jpeg


829464C6-6FCA-4F4E-907F-A4DFB19878D2.jpeg


まぁ、気温10度体験できて、気持ちよかったし、怖いところ歩いて、なかなか体力使って、それはそれでよかったなー

さすがにお腹空きます。

ホテルに戻り、


ラスクはお部屋で朝ごはん→ 留守番ラスク→ この後一人で寝てた模様


この日の朝食は自分たちが泊まってるタワーの32階。「椿サロン」へ。

ホテル代に朝食が含まれてるんですが、

いくつかのレストラン、どこで食べてもいいのです。

2000〜3000円する内容で、時間の拘束もなく、お得だと思います〜


蒸した野菜、ソーセージのココットにスープ

私は枝豆のスープ、友達はジャガイモのスープ。

パンとドリンクはおかわり自由。


0D64CADA-AAC5-4877-AC38-588E26DA2849.jpeg


地上32階からはさっき乗ったゴンドラも見える。


1846BC8D-F915-44CF-9FF4-3D73A60EB1D5.jpeg

ゆったりソファーで素晴らしい展望。綺麗な緑を見ながら


なんたって朝四時に起きてますから、まだ7時という。


EA6938EE-CC56-43E6-BB7B-0679BE51DF49.jpeg


このお店の電球 牛乳瓶でかわいい

F998A077-5DC9-4E06-88FA-4B6CDF63951A.jpeg




さて、天気も良くなって来た。


美瑛、富良野へ出発しますか〜


最終話に続きまーす。

80DA29AD-BE9D-4B70-A40A-BA5555DBF07B.jpeg




コメント(0) 

小樽からトマムのホテル編 ラスクと北海道① [旅行]

15年ぶりの北海道。

本当はイギリスに行きたいところでしたが、金と暇の問題で(←主に金)、今年も断念ヽ(;▽;)ノ

じゃ、北海道にする?って気楽に決めちゃって、じゃ、ついでにラスクも連れてく?ってことに。


ラスクと行く北海道旅行。犬と北海道は初めてです。わたくし。

飛行機は幾度の九州便で乗り馴れてるラッちゃん。

チェックイン終えて、ラスクを預けて、1時間半のフライト。

犬は一般の手荷物とは別に、人の手で、預かってくれますよー 空調も効いているところですよ〜

63BE2E86-D754-4714-A072-089148164EDD.jpeg


10時過ぎ。着いたばかりの北海道は台風かよ!ってくらいの大雨と風(;ω;) シドイ、、

まぁ、車だし、なんとかなるか。

千歳空港で友達と合流して、ニコニコレンタカーを借りて(ワンコもオッケーですよーって、そして安い!)小樽へ。

おやおやおや?小樽へ向かえば向かうほど、小降りに、そして止んだー!

ありがとう。小樽さん。私たちを受け入れてくれたかのようです。


まずは腹ごしらえ。当然のように寿司です。小樽ですから!

車の中から予約を入れたお店は「町の寿司屋」。ワンコオッケーなんですと!

奥のお座敷が空いて入ればとのことでしたが、この日は座敷は私たちだけ。

20EE6408-3FD9-490B-943A-B1CDC1524788.jpeg

優しいおかみさんに案内されて、車も無料で停めさせてもらって、

好きなものばかり乗った握りと、美味しいホタテのお味噌汁。

ごちそうさまでした。

この後ラスクも入れる、「オルゴール堂」へ。

4445B369-0DBE-4BD9-B131-4088E38DCB06.jpeg

A1B0C49D-C68C-4D4A-BDA2-D8C871827C9E.jpeg


しばし見学。15年前に買ったここのオルゴール、自宅のトイレともう一個はお店に飾ってます。

博物館みたいで綺麗ですね〜


そして!どうしても行きたかったカフェ。

「北一ホール」北一硝子三号館にあります。

ちなみに犬はダメです〜  カフェはね。ラスクには車で待ってもらうことにして、我々だけで入ります。


以前来た時は満席だったのか、心残りがずっとあって。、今回はどうしてもここでお茶したかった。


8D4ABD3E-6C97-4EA0-A023-637E0CD29314.jpeg


5E7E7359-51CF-4E6E-9A57-7CA1E1338DEF.jpeg

このランプの美しさ。

ため息。

ピアノの演奏もしている〜ナイスタイミング。

そして、途中の一曲

「ラフマニノフのある日どこかで」←映画のタイトル 曲名本当はもっと長く覚えられない

元スーパーマン、落馬で下半身不随になってしまった、クリストファーリーブ主演の。

この映画が大好きで、この曲も好きになった。

これを演奏してもらえるなんて、涙モノ。なんのご褒美ですか。


感動を胸に、車に戻り、一路宿へ向かいます。

北海道なめてはいけない。広すぎていちいち遠いい。ここから2時間半のドライブ。


外の気温17度。涼しい〜


見えてきました。

鬱蒼とした森の中に突如現れる、4本の巨塔。


C9AE57E3-EC6E-412A-91D2-00BFEE499531.jpeg


トマムでございます〜

スキー場で有名ですね〜


今回犬もオッケーなところを探し、けどなかなかなくって。

明日はメインを美瑛、富良野に費やすから、拠点にしやすいここを選択。


「星野リゾナーレトマム」前身はアルファリゾートトマムって名前で、スキー客に人気でしたが、

破綻後、星野リゾートが再生リニューアルしたんですね〜

奥の二本が今回宿泊するリゾナーレトマム。(手前の二本は トマム ザ タワー 

ワンコ専用ルームは向こう側リゾナーレの四室のみ。


2E5392EC-A2F1-483F-9E7C-7AB87076B0CA.jpeg


ウキウキしますね〜

エントランス入って思わず「ワーワー♪!素敵素敵〜」

シック、センスいい、オサレ。


1D55FA84-862B-4B60-B3DD-18A2E8E56AD7.jpeg


EBC9CFBC-86FD-42F0-9D62-7D78B2EA6D76.jpeg

ウェルカムドリンクはスパークリング

三杯頂いちゃいましたよ、美味しい リゾナーレトマム最高

7882F3A5-9D7F-437A-8BFC-7FC76C261D01.jpeg


お部屋はワンコ専用フロア


じゃーん!

なんと100㎡!!二人と一匹でこの広さ。

スィートルームなんです。

このホテルは全てこの広さなんです〜

贅沢すぎます〜

星野さん、采配すごいっす。


DD39C6BE-5DB1-4E4F-AB4B-C3E03AE97E8A.jpeg


76DC5BD5-5032-4399-B456-F67AE1B67573.jpeg


リビングの向こうの廊下を進むと


主寝室。

688066ED-36B5-4472-8E37-DBA654339302.jpeg


ひ、ひ、ひ、広い。。普通のホテルはこの部屋の広さくらいだ。それでも広い。

ラッちゃん大喜び。

DACB8AF2-1A84-4A01-A364-AC3A4CF8E78E.jpeg


副寝室もある

この部屋最後まで使わなかったけど、全部で四人泊まれる。

もったいない(><)


C80DDA6D-769C-4533-AED8-FC7FE344A8B6.jpeg


リビングの反対側はバスルーム


014722FA-952F-44F5-8DCD-4FFB2F21E77A.jpeg

洗面台二つに、なんとジャグジーバス。

6A356A3F-4C28-4753-B991-77B2F8692BFB.jpeg

ほかにシャワールームと、サウナも付いてます。


あー!二泊にしてよかったぁ。一泊ではもったいない。もったいない。


CE487E12-A422-415F-8026-833C1A1789EB.jpeg


夕ご飯はついてないので、このエリアのレストランに向かいますが、レストランの数多し。このタワーにもありますが、今回は敷地内を走るシャトルバスに乗って、外のリゾート内のレストランへ行きました。

残念なのは犬を連れて行けるレストランは一軒のみ

けれどデパ地下並みにデリだのご飯もデザートも買うところがあるので、次の日はお部屋で食べることにしました。

今夜のところは、

ラスクこの部屋気に入って楽しそうなので、お留守番お願いし、我々だけで出かけました。




森の中にあるレストラン「ニニヌプリ」

リーズナブルなビュッフェですが、品数バラエティすごいです。質がいい。

ロケーションもこの上ないです。

EC33539A-34A6-48C7-99DA-B39BD9B8A4F1.jpeg


ラムのステーキ、牛ステーキ、豚丼など、その場で焼いてくれるスタイル。

D11936CC-4F2D-4227-97C7-91D4F8DECD65.jpeg


ラムチョップのステーキが柔らかいのなんのって。これらが食べ放題で3800円。

そしてこんな景色を見ながらディナーって。

D71C80BC-B834-454B-A646-6C94FEDEBB14.jpeg


ここはどこでしょう?日本ですか?と問いかけながら、

美味しいお肉とワインで夜も更けました。


この後またシャトルバスに乗り、「木林の湯」という露天風呂へ。
ラスクは安定のご飯、家から持って来た「柚ごはん」をこの食器で。
BEBA1AD0-CFD1-474B-BEB5-7FF20D8B7E84.jpeg
はなママが作ってプレゼントしてくれたオリジナルホーローの食器。
ラスクが我が家に来た「2015』と入れてもらいましたー
次の朝は4時に起きて、雲海テラスに行くぞー
F6AEBDC4-22FB-4D0F-A36A-8BD778E6B965.jpeg







コメント(0) 

京都弾丸1日旅 ラスクと私編 [旅行]

ラスクと私だけになってまず向かったのが金閣寺。


金閣寺はバッグに入れてればワンコもOK。


金閣寺人生で3度目。前回来たのははるかはるか大昔、娘の頃ざんす( ̄▽ ̄)


けれど、あの黄金に輝く絶景を、是非とも拝みたく。


6401659C-00A1-46C7-89E5-FFC23092F124.jpeg


ゆったり雄大な景観ですが、

本当はすんごい人です。ギュウギュウです〜

もういろんな言葉が飛び交って、今景観に浸る余裕もなく、後にしました。


9269D138-DE5B-462F-9D91-749BF28D0722.jpeg

しかし、金閣寺はずーっと変わらない美しさです。

ほんとはもっともっとずっと眺めていたかった。しっかし、すごい人で、、、ヽ( ̄д ̄;)ノ

一応、ラスクと一緒にこの景色見ました〜( ̄▽ ̄) それが嬉しい。


さて、別行動になり、まるで外国にいるかのようなドキドキ感。方角も分からずちょっと不安になりながらも、バスに乗り、地下鉄を乗り継ぎ、ラスクと一番行きたかった場所。


「蹴上インクライン」

全長582メートル世界最長の傾斜鉄道跡


B4E66414-9B4F-407E-B7FF-F2F29BBE44B4.jpeg


インクラインの入り口から入ったので、人もいなくて、ずーっと先まで続くこの線路。

眺めはもう最高です。木陰も本当に気持ちがいい。

8CA2D028-3AFE-49CC-A7F2-E931AFC46A84.jpeg


線路の上に座ってしばしラスクとくつろぎました。


7A1CA790-A114-4417-B7DD-AE37720F14E9.jpeg


さて歩こうか

自らの動画投稿初挑戦。








8A40DFDA-777D-4D08-917B-0D9151E27727.jpeg


最後まで歩き切ると


3BD64324-9164-43B8-A558-05BFE9545FA3.jpeg


階段を上がり、通りに出て、南禅寺はすぐそこ。


296FEC28-B37B-4E30-96A9-DBEC29842441.jpeg


去年の春も、秋も、そして今回も。

旅の最後は南禅寺だな。


水路閣のこの雰囲気は京都の最後をしっとりと印象付けてくれる。



4289D911-B0CF-4ECC-AADC-0360963358A0.jpeg


あぁ、また来ようって。


8140545C-27F6-4E90-8BF1-38A988099231.jpeg


Akiさん、Rieさんと合流し、南禅寺を後にして、通った道で、枝垂桜が。


148951D4-26AB-49D2-B707-6AA486AF0B03.jpeg

名所でもなんでもないところにこんなに綺麗に咲いていて、二人曰く、今日で一番の桜だって。

99A431DC-BDF2-406D-B6E4-72C1B204AE13.jpeg


Photoby Rie 


21FCC0A6-7543-482C-B054-A9234C76BE46.jpeg


丸々12時間京都を楽しみました。

去年の春より余裕な感じ。

あまり詰め込み過ぎず、一つの場所にゆっくりしてたからかな。

ラスクと京都なんて夢みたいなことできたし、

二人にほんと、ありがとうです。


また来れるといいな〜

そうだ!京都行こう!ってまたなったら。(*^o^*)




コメント(0) 

京都弾丸一日旅 2018春 三人と一匹編 [旅行]

京都弾丸一日旅。

去年の春、秋、と3度目の朝5時出発、京都入り8時過ぎ。

京都に詳いAkiさん、Rieさんに今回もお誘いをいただき、仲間に入れてもらいました。

去年の春と同じメンバーで。

あ、いや、一匹増えた。

今回はうちのラスク坊ちゃんも誘っていただきました( ̄▽ ̄)

ワンコ連れて京都なんて夢夢思わなかったから、ありがとう。


初めての新幹線も難なく過ごして、目指すは嵐山。

E2B93939-7D65-41E2-9177-980AC56A8FB5.jpeg


ここは静かな場所だったんだけど、嵐山着いた途端ものすごい人波に驚く。桜のピークは過ぎたのに、

日本人は自分たちぐらいなんじゃないかってくらい、京都はいつもグローバルにフィーバーしております。


A69F420D-F8D6-4BE0-830B-610ECF155D2C.jpeg


カメラを構えるアキさんの傍になぜかずっといるラスク。

D559E43A-13BE-4FF2-B943-8802BBEDF705.jpeg



B740CA80-1042-41FE-AC24-6086DC9127C3.jpeg



FC01F5DC-48D1-495C-8469-EFA6F8618AC7.jpeg


私はラスクと会話中 photoby Rie 

CA8AC0C2-7A9D-4708-B4E9-29C29D78203E.jpeg


嵐山駅に戻り、

8D0438FF-DD6A-433B-AE28-F1701C598A58.jpeg


ちょっとした椅子が置いてあったので、ここで休憩。

ビールで喉を潤す。、素敵。

8AA82FA4-C3D0-408D-B030-2EC4CB0290A4.jpeg


Rieさん撮影。私とラスク

5DAC8103-1621-4049-80FA-4E8498368400.jpeg


嵐山駅にある、友禅の「キモノフォレスト」

夜はライトアップされて幻想的になるそう

A26B343D-EAD0-45F6-BAFF-43393258CD31.jpeg


さて、お昼はAkiさんが探してくれたリノベーションカフェ。saganoyu

 

元お風呂屋さんだっったんだって。


834A0A41-6728-4CD9-BBB0-C2340165C746.jpeg


このお店の向こう側がテラスになっていて、ワンコもwelcome

003304D4-EEB5-4304-8714-5D24EC0FF952.jpeg


CEF3399D-C242-4775-96ED-B7FEBAF98D8E.jpeg

このテラス席が本当に気持ちよく、きちんとしたカフェで、センスも良くて。

すごく嬉しかった。こういう店発見できて。


FA7B4543-3FD0-4856-AE9E-D1204194BC2B.jpeg

白いデッキの床が気持ちいいのか、ラスクは床でネンネ。

D5E1C33C-B8C8-4C21-94C8-C36C5659CC1E.jpeg



さて、ここからは二人とは離れて、

私はラスクと二人で別行動になります〜

ラスクと私編は次に続きます〜




コメント(2) 

真冬の軽井沢旅行なり [旅行]

ひやぁ、この週末から今日までなんでしょかー!毎日アフタヌーンティは入るわ、オーダーケーキに、ご予約やらでいっぱいでした。体が~ おまけに、スフレなんてやっちゃってるもんですから、自分の首を絞めるかのような行為。バカ受けでございます、スフレ~ ぱちぱちぱちぱち。 ご予約されるのが無難です~ で、いまやっと座ってブログ書けますぅ。今週もありがとうございました!!


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



さてさて、この真冬に軽井沢行っていきました。なぜ故今軽井沢なのか。よくわかりません~

けど、私寒いところは平気なんで、カイロもってラスクもって待ち合わせの渋谷へ。

今回の旅は、雪も考慮し、高速バスを使うことに。

バスまでの時間、朝早い渋谷を散歩


「みなさん、いってらっさいませ~ 

お仕事頑張ってね。私は平日休みで遊びに行くところです。」

と、ラスクが言っております。

6408E887-6498-4FDE-9B46-6964A0448815.jpeg


高速バス快適でしたよ~ なかなか広くて、ラスクも一席使えて、私もゆっくり本を読みながら、あっという間に軽井沢。

あれ?雪ないじゃん。 みんな雪対応靴(スノーブーツ)履いてきたのに。まぁ、いいや、

それにしても、人っ子一人おらず、オフシーズンですから、静寂な別荘地を歩きます。

あの家がいい、これがいい、この別荘、藤田社長のじゃねかー?(amebaTVの)とか、言いながら。

7DBABC2D-B532-47D2-BA62-55C04E46A876.jpeg

気持ちいいです。散歩。

目指すはまずはお昼ご飯。

この季節にありがたい、店内犬OKのお店。

ここが想像以上にいい店で、びっくり。

DBD319F2-0120-4CF7-8A57-FC5302FB6D79.jpeg

ラスクの相棒?かたわれ?の花子と(^。^)。

このストーブ、すんごいおしゃれで買いたい。


8BCEE701-6957-438B-9806-874F8BB288E2.jpeg


私はラザニアを注文、焼きたてをその場で取り分けてくれて、STAUBに入ったマッシュルームのスープは濃厚で、紅茶のサービスが本当におしゃれで参考になります。

冬の季節に本当にうれしい。軽井沢ついて早々、もう、動きたくなくなる。

1DDF7366-428E-4845-A0FB-BF247C3B0035.jpeg

眠いよねぇ。ラッちゃん。

A7EA81C3-CC6C-4828-9CA4-B7984FA03F91.jpeg


さてさて、宿に向かうかね。ここから徒歩15分弱。


ついたお宿は「ルシアン旧軽井沢」

C681182A-7879-4B4E-B328-7EBBB9D5340C.jpeg

まだ新しい宿なんですって。

38E06F5B-AE67-4BD3-88A3-7A7ECE7B88DC.jpeg

館内どこもとにかく清潔!!きれい。気持ちいい。

早めにチェックインし、宿でゆっくりするのが目的だったから、まずお部屋に案内していただき、

記念に一枚撮ってもらい(コートくらい脱げば) 左から、ゆうさん、SWさん、あたくし

98F21730-ADA7-43CB-9133-D7E47BB1D1D2.jpeg

この宿は半分はわんこOKのお部屋。なので、わんこ連れじゃない方も泊まれるんですって。

てか、犬連れでいいのか?ってくらい、センスいい作り。お部屋もゆったりサイズで三人で十分すぎるくらい。

お風呂は貸切風呂が二つと、大浴場が一つ。

オフシーズンなので、お客さんあと、2,3組しかなかったもんで、これらのお風呂、使い放題でした 笑

どのお風呂も、とにかく、清潔感あふれて、もう、気持ちよくって、自分が終わった後も、きれいにして帰ろうって 思いますよね。


館内ほかにもゆったりできるスペースがいくつかあり、どこのエリアもずっと座っていたくなるくらい。

56F144F1-1296-4E38-9234-8CEE9FA9495A.jpeg

フリードリンクも至る所にありまして、お風呂上りには、ヤクルトとか、アイスクリームとか、うれしいですね。

そして、ドッグランも。

C1DF8E01-0E4F-491B-B6AE-C41FCD980546.jpeg

気持ちいいです。雪も残ってなくって良かった。

なんか一緒に遊んでいる感ないけど、一緒にいるようないないような、ラッコと花子。

22ACE8A5-4CA5-4D4E-B803-523FFA4563AF.jpeg

こうやっていると、結構ホテル内で時間つぶせる。あっちゅうまに夕ご飯の時間。

F2BDCE24-9EB0-46B4-8A60-B8CCEC424E3B.jpeg

私は完食しましたが、二人はもう食べられないって。フルコース、メインで選んだ鹿おいしかったなぁ。ぶり大根も(フレンチスタイルの)おいしかった。

もう食べられないとか言いながら、夜の10時にサービスしてくれる夜泣きそばもいただき、その後またお風呂に入って、一日目はもったいないけど、過ぎて終わりました。


朝ごはんはバイキング形式。

そうそう、ここの部屋着、わんこもおそろいで用意してくれるんですよ。

16160A47-DC74-4E6A-A331-85A130AB0FE8.jpeg


3A3FD041-71EA-44E7-918E-741D5495CC2E.jpeg


レイトチェックアウトはなんと12時。お部屋でゴロゴロ、テレビ見ながら過ごして、軽井沢の駅まで送迎していただきました。

この宿のいいところは、きれいさ、設備の良さもだけど、人だなぁ。働いているスタッフさんたち。

これが私は一番だなー、どこでも。

244E1A5E-445D-42DC-AD7F-9008E6849AC5.jpeg

いいお宿でした。


バスの時間まであるので、軽井沢高原教会へ。


AD1FBC44-2CF7-4CA8-83E9-8F695302C8B9.jpeg


いいところですねぇ。雪があって。

499991B8-26E6-4789-B8CF-4B1DD7002D58.jpeg


6AAC325E-4850-48E3-BF21-7202FC580281.jpeg


ラスクの後ろから、はーちゃん、追っかけてくるよ。

EBA9E23C-78E9-4C6C-80C2-472BE48E5988.jpeg

追いついた 笑

715BAE96-FEEF-49D6-8C22-1917D8F7390D.jpeg


帰りの高速バスは、なんと、あたしたち三人の貸し切り状態。

オフシーズン最高ですね。

静かで、のんびり、ゆったり、真冬の軽井沢穴場〜 

楽しかったなぁ。。。。。

週末早送りのように働く私を見て、「軽井沢でゴロゴロしていた人と同一人物とは思えない」って二人に言われました。( ̄▽ ̄)

旅の計画から、手配まで、ゆうさん、ごめんねぇ。ありがとねぇ。

SWさん、笑いをありがとねぇ。

二人とも写真いっぱい撮ってくれてサンキュー






コメント(0) 

秋の京都はやはりさすがでした。日帰りです~。 [旅行]

秋になった途端行動的になる。 とにかく、暑いのが、湿度が、最悪に苦手で、引きこもりでしたから。


春に続いて、日帰り京都旅やってきちゃいました。


朝5時に家を出るのですが、真っ暗な早朝って、終電帰りの夜中の道より怖いですね。なんか、人の気配もしないし、家々のみなさんも、起きていないから、駅までの道、ニット帽を深くかぶった若そうなお兄さんと同じペースで歩く羽目になり、怖かったです~、この人に「そのカバンよこしな」と言われたら、とか、急に首絞められたら、とか。朝怖い。



そんな朝から、京都についたのが8時半。

IMG_0734.JPG

実相院


今回は人が多いであろう街中を歩くことせず、割と住宅街をてくてくてくてく。


IMG_3802.JPG


紅葉は山の上のほうはもう、終わってましたが、それ以外は真っ赤っか。まさに見ごろ、ピークでした。


モミジの小径

PB219742.jpg


差し込む陽の光が木々を輝かせてまぶしい。紅葉でできた森みたい。


IMG_0732.JPG


曼殊院

中より、外の一角のこの一本の道が本当にきれいだった。


IMG_0730.JPG

17年来の友達、イギリス時代の友達と。数年ぶりに会っても「おー、久しぶりー」っていう前に、「おっそいんだよ!」「どこで待ってるんだよぉ~」とか、そんな会話から始まり、会ってなかった空白の数年間はどっかいっちゃって、一か月に一回くらいしゃべってるみたいな感覚になるのは不思議ですねぇ。


前回秋に京都来た時も二人で一緒だったなぁ。あの時は、縁結びの神様に必死になってお参りしていた((´∀`))彼女も、今はその必要もなく、いいお母さんです。あんとき、まだ二十代だったんだよね、あんた。


彼女と一緒にいろんなもの見てきたし、会えない間も、ずっと私を応援してくれて、お店オープンした時には、わざわざ大阪から手伝いに来てくれたなぁ。

あれから13年経ちましたが、

「あたしたちもさぁ、こうやって年取ったからさ、気楽に京都で会えるんだよね。」って、今だから、できるんだなぁって、彼女も私も。だから、また会いに行こう。大切な人だからなー。


日も落ちてきて、なかなか寒い。東京よりずっと寒い。

最後に向かったのは「南禅寺」


IMG_0728.JPG

夕日が当たって、黄金色に輝いてました。なんて、きれいなんですか。


水路閣


PB219754.JPG


くすんだ煉瓦と、向こうの紅葉の色のコラボ。


IMG_0731.JPG


寒くて、キーンって、なる感じが、好きなんだなぁ。寒いと言いながら、しばらく、ここから離れたくなくて。


PB219759.jpg


PB219762.JPG


夕刻からすっかり夜になり、

夕ご飯は串カツ屋さんへ。

今回は地元京都の方の親切さに触れた旅でもありました。


IMG_3825.JPG


名残惜しくも、じゃね!って感じで、それぞれの帰途へ。

日帰り京都旅終了。



IMG_0723.JPG


また来年会えますように、元気で仕事頑張ろう。





コメント(0) 

箱根の紅葉とススキがすごい。 [旅行]

ほんと、一瞬にして寒くなるんですねぇ。もう、、秋短すぎ。


けれど、こんなに寒いと店も寒いので、もう一台増やしました。石油ストーブってなんていい暖かさなんでしょ。


F6922857-0006-415E-A733-C937000F54A3.jpeg


アラジンストーブと、このストーブの二台で皆さまの心も温めますんで〜(╹◡╹)


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


さて、秋も深まる箱根に行ってきました。


長安寺


3CC43EB1-6994-4BBC-B80C-65779E990E9D.jpeg


A476ACD2-DDCA-4F54-8692-A6E7C1F433E6.jpeg



はーちゃんとラスク。

C938730C-D261-4C8C-A5E9-E479C47AD0AB.jpeg


そして


箱根の紅葉は何度か訪れてますが、ここは、、、、初めてだった ↓


439FEA71-A291-49FA-BABA-61FEC3D68B61.jpeg


すすきの原


何ですか、このススキの広さは!!そこらじゅう、もうズーーーーーっと先まで全部ススキ。


これは感動しました。絶句。


0071C5A7-4530-4308-8CF2-A715AB470E7F.jpeg


28BAF668-CA5B-490E-9794-F6272AD86D2B.jpeg


この中を歩けるんです。楽しい〜


7794C6B1-ACA1-4B53-B49E-DB629F70E8B3.jpeg


2AC7BEE3-64C4-4323-9CD0-18C9880ED84C.jpeg


67C6B235-DC6B-4A3C-B984-D1179BEA968F.jpeg


犬見失うくらいススキ背が高い。


ゆうさん、swさん、楽しいね〜

30022579-282B-47F6-BDDD-F067F82C3319.jpeg


雄大で、そこらじゅうの空気全部吸い込んで大声出したくなる。


56C9608E-C621-487A-8022-32BF6962E014.jpeg


ここを離れるのが名残惜しいと思うほど、ススキがこんなに素晴らしい草と思ったのは人生初めて。


ありがとうススキさん。


大涌谷へ移動し、みんな長生きに飢えてるのか、黒卵は大人気で、私たちが売り切れる最後から三番目で購入できたという、これはきっとラッキーなおしるし。


みんなでね、分け合って食べようね(^∇^)

4F311203-4718-49C7-B8F6-280F86C58360.jpeg


狙い定めるラスクお坊ちゃま

CA147152-4177-4D33-807E-B54EC0EE22DF.jpeg


丸ごと行ったー( ̄▽ ̄)

FC7D277C-77D2-412C-B661-07A98BC32584.jpeg


ロープウェイにも乗りました


179A846D-A4BB-4F82-9517-E40D20A4B3A3.jpeg


遅い昼ご飯はお蕎麦やさんへ。


こんな山奥に店あんのか的。


88F8835D-F95E-4A65-8384-983188D2813D.jpeg


4BBAA155-7B8E-482C-AFAC-F69BB4851E31.jpeg


奥様と大奥様がお二人でされてる様子。


お蕎麦、コシがあって、少し甘めのお汁は私好みで、美味しい。


747E15ED-4039-4E8A-94E3-73ED997B5A20.jpeg


C4A552C8-80B0-4CB9-B20C-6676DCA01E5F.jpeg


もうすぐ日が暮れる〜


結構寒くなってきたけど、芦ノ湖へ。




BF6D9EFF-D0F0-4B90-AD01-C18DDA336BF1.jpeg


お二人さん、楽しい1日をありがとう。


8A4152B1-8DB0-4203-9F22-EE33D254D5BE.jpeg


写真もいっぱい撮ってくれてありがとう。


00DDCF07-A338-492F-985B-60F7BB6E3F06.jpeg


8DEC8E30-2297-4000-A392-2F949FD665BA.jpeg








コメント(0) 

大阪ワンデイトリップ [旅行]

日帰りで大阪。


目的はこれ。

C67ACE76-590A-4A5A-8F61-A59EBEE68EAA.jpeg

ロンドンのヴィクトリアパレスで10年以上公演され、ついに今年日本で、オール日本人キャストで。


東京公演二回見たのに、もう諦めきれず、大阪まで行ってしまいました。


大阪来たのどれくらいぶりだろうか?

枚方の友達の家に行ったのが15年くらい前か。

3D34C56D-44C9-4B02-ACCA-ADBE8DE6818C.jpeg


大阪まで来た甲斐あり。やっぱり来てよかったぁ、

鳥肌と感動は何度見ても。感動しすぎて泣けるって、私の人生でそうないのだが、このミュージカルに関しては自分の常識超えてます。


私ミュージカル好きで、いわゆる有名なものはほぼイギリスで見たのですが。


「オペラ座の怪人」、「キャッツ」、「レ・ミゼラブル」、「ライオンキング」あといくつか、、


だが、しかーーーーし!!


この「ビリーエリオット」はダントツで一位です!ダントツです!


今回日本で日本人キャストによる公演すごく嬉しかった。本場と全く引け目なし。クォリティ同じ。

あんな小さいほっそい男の子が、子達が、くるくる回って、歌って、タップして、ダンスして、アクロバットして、バレエして。

毎度泣けます。もう、どうなってるんだか。あの子達どうなってんのー

すんごい拍手喝采で、私の後ろの人思わず興奮して、あたし、頭はたかれましたー( ̄∇ ̄)



日本公演またあるといいが、、来年は、、、ないだろうなぁ。。

ないなら、

ロンドン行くかー


新梅田食道街

F08F3FAF-E8F2-470D-978D-E3A5CC8B07CF.jpeg


友達が勧めてくれた


「はなだこ」


小さいカウンターーだけの立ち食いどころ。

B9683EB5-6B4E-42C4-BCA4-A6F1184BDF28.jpeg


右のネギマヨタコ

ネギがこんなに山盛りなのに口がネギネギにならない。

ネギだけでも食べれるおいしさ。


AECB35CA-FBFF-4722-94C0-404375244F18.jpeg


帰りの新幹線では、一冊本読み終わって、iPadで数独をし、24シーズン4完結しーの、まるで自宅のリビング並みの過ごし方できましたー。









コメント(0) 

母と。 [旅行]

夏休み明けの一週間はすんごかったです〜

お客さんなんでこんなに集中〜( ̄∇ ̄;)

もう、桃パフェ幾つ作ったんだか、


そして、リバースのドラマの影響で、玉ちゃんファンの方々も多数。

全国から(北海道、福井、福岡、岡山、大阪、海外からはスイス、アメリカー!などなど)お見えになり、ほんと、玉森さんにどなたかお礼を伝えてください〜

皆さん本当にマナーがよろしくて、ちょっと驚いてます。

ありがたいことです。


そんなこんな、いろんなタイプのお客さんで溢れておりましたこの一週間でした(≧∀≦)



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


今年も熊本の「狗の里」へ。



年に一度の贅沢。

FullSizeRender (7).jpg


どおしてもこの宿にきちゃうね、もう6度目。

IMG_0541.JPG


ドッグランも毎度貸切。

CD774796-108A-493D-A0F9-85B1EBE8FA38.JPG


P8049239.JPG


一匹でも大はしゃぎのラスク坊ちゃん。


P8049243.JPG


もうなんの動物だかわからん形にぃ〜(≧∀≦) 耳、耳、耳がぁ〜

P8049241.JPG


お食事も美しいですね〜

何食べても何飲んでも、オールインクルーシブです〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+


IMG_0540.JPG


たけみが試験で行けなかったので、本当に久しぶり、何年ぶりだ??母親と二人旅(ラスクもいるが)してきました。
こうやって母と一緒に旅行できるのって幸せなんだよな。。。ってきっと後々思い返すはず。行ってよかったって思えるはずだ。
お店始める前は北海道行ったり、アメリカ、ヨーロッパを二人で旅した。
私が住んでたイギリスの街にきて、一気に感化され、久々に帰った実家の内装がイギリスになっていたりした。
武美が生まれて、私はこの仕事をするようになり、こうやって母娘で旅するのは久しぶりで。
昔旅したみたいに、母も歩くこともスイスイと言うわけには行かず、話していても同じこと繰り返したり、耳も遠くなっちゃって、何より、あんなにふっくらボリューミーな体がもうすごい細くなってしまった。
私が物心ついた時からいつもいろんなダイエットに手をつけていた母親(≧∀≦)
そんなダイエットなんかしないでもこんなにほっそりしてしまったのよね、この数年で。
私はこの人がいたから、絶望的に苦しかったあの時も、その時も、遠くにいながら寄り添ってくれてたから、
こうやって今をいられる。
P8039232.JPG
どうかずっとずっと生きていてください、って思う。無理だけど。
周りを見ると、母親を亡くしてるひとも少なくない。
介護で頑張っている人もいる。
自分はもうそんな年齢に気づけばなってしまった。
母親の年齢に近づいてる私をいつも懸念する母親。
「ちゃんと自分のこと考えてね、お願いね」って何度もメールが来る。
会えば泣き顔でそんなこと言われる。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
宿のお姉さんと。
母にとても優しくしてくれた。
母の手をいっぱい握ってくれた。
優しい「永瀬さん」
P8049257.JPG
お休みの日には熊本地震による被災犬のボランティアをされてるそうです。
お部屋に着くなり、ラスクを見て「保護犬なんですよね」って、
優しくゆっくり近づいてくれた。
そんな彼女にラスクもゆっくりと安心して身をまかせる感じで。。
ラスクによく似た子が保護されてるそうだ。
その子は被災関係なく、ヘルニアになったから捨てられたそう。 (怒!)
治療にお金かかるしできないって、あっさり捨てられた。
だからこのラスクを見て、私に「ありがとう」っていってくれた。
こんなに可愛がってくれてって。涙流してくれた。
そんな熊本、まだまだ震災後の復旧が続いています。
こちらは日本最大の石造りの水路橋。
IMG_0543.JPG
ラスクを見て「あっ、ら〜!、可愛いわねぇ〜!」
と、ラスクと一緒に写真撮ってくれたご婦人方。
今年の熊本もいい出会いがありました。


コメント(0)