So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょこっと年末とmili × crumpets コラボ撮影会 [カフェでのこと]

今日から仕事始まりです。

一足遅い冬休みはのんびり鹿児島で過ごしておりました。その時のことはまたの機会に。

昨年の書ききれなかったこと。

大人の皆さまだけでなく、子供たちにも人気なので、ショートケーキはしばらくメニューに残すことになりました~。

0113d3fe6cf8dca61d9376b72fd1dabaf471596255.jpg

年末の忘年会。

東京駅の見えるお店でフォアグラの串焼きや、ジビエの串焼き食べて。

丸の内のイルミってすごくいいですね。

01dddb9b5b63226c6f491851a237082b0d3eeedab3.jpg

そして、ラスクも一緒に行けるお店でいっぱいおしゃべり。帰りたくなかったくらい。

01a1d166236180f9485dd4862041a5a502a7211278.jpg

こういう時間もきちんととって年末の忙しい時間もこなせたなぁ。

そして。。。

 

数年ぶりの フォトグラファーmili [×] カフェクランペット クリスマスコラボ撮影会。

s__MG_3282.jpg

クリスマスの準備中、邪魔に入る犬。 みたいな感じかな?

クランペットのクリスマスツリーを向こうのほうに置いて撮ってもらいたかった。

撮影しながら「わぁ~、このセットすごくかわいい。。。」ってつぶやいたmiliさんがうれしかったなぁ。お店にあるものただかき集めただけなんですがぁ。( ̄∇ ̄;)ははは

01379bdea894422a0f03bbc5e7430f29af405ac6ad.jpg

miliさんはご夫婦でmiliさん。お二人で撮影から編集すべてこなす、本当のプロ。

どの時間にとっても、外から差し込む日差しがあっても、写真には影響しない。さすがです。

016a892d9610a9ae492285f54019bd4674e4b3436e.jpg

それにしても、高そうな機材がたくさんなのだ。蹴ったり、倒したら大変。。。。なのに、こちらさんは。

0177ab6d854af17557d6fe297df7447672b5845bcf.jpg

乗ってみる。

そして、miliさんの打ち合わせにも参加する。(>▽<)b

015aa55c97c122a78d29b19e62c56f4d303f0255f4.jpg

 

といぷのサンと、

016d7fb3ca578603dfd8f3e40aae14441a167c65b2.jpg

笑顔がいいね~

そして元保護犬のガーナ。

01f1ae98bc0e265caddc1eb4b9b5a04a5c5fb84bbe.jpg

渋くてかっこいいですね~。

そして、ごんちゃん、きくちゃん。

IMG_0005.jpeg

右のきくちゃん。きっと撮ってもらいたかったんだろうなぁ。不思議なタイミングでこの回に参加することになったから。。。。今はお空の上にいるきくちゃん。よかったね、よかったね。すんごく可愛いよ。

私にもこの時の楽しい思い出をつくってくれた、きくちゃん。ありがとう。。。



バイバイ、スタッフかおちゃん。 [カフェでのこと]

スタッフかおちゃん。2016年いっぱいでお店を去りました。ご実家のある福岡に帰ることになったのです。

一見すんごく頼りなさ気で「この子で大丈夫か?」と思わせてしまう。

彼女が働きだしたのが2014年4月15日 亡くなった柚の16歳の誕生日の日でした。

それから2年と8ヶ月。頼りないと思わせた彼女は本当はとっても仕事が出来て、頭がよくて、優しくって、涙もろくて、動じない強さを持った、肝が据わった感のある人でした。。(。・ω・)ノ

お店の大ファンで、よくお客さんに紛れて、スィーツビュッフェやら、ワークショップにも参加したり、その小さな身体の何処に入るんだって位、お店のスィーツやご飯をこよなく愛してよく食べてくれました。隣に座ったお客さんともなんとなくす~っと馴染んでいつの間にか、お客さんのグループに混じってしまう、そんな空気を持った人でした。

彼女のファンだったお客さんも多く、去る彼女に優しい言葉をかけてくれたり、お別れの挨拶をしに会いに来てくれたり、感激でいっぱいな暮れとなったと思います。私もそうです。前もってきちんとお知らせせず、後から気づいて残念がる方も多く。。すいません、私も寂しくっておおっぴらに言えなくって。。。

IMG_1210.jpeg

柚の闘病にも臆することなくスタッフひろえちゃんと自ら一緒に挑んでくれ、皆で柚の闘病に向き合い、介護をしたものでした。恩人です。。。。

かおちゃんと柚↓

IMG_0415.jpeg

この写真は目が見えなくなった柚といっしょのかおちゃん。大好きな写真。↓

IMG_0299.jpeg 

そして、柚が亡くなり、保護犬ラスクを迎え入れたときも一緒に居てくれました。

大阪のシェルターから来たばかりのラスクと。一時預かりから里親になったころだな~↓

IMG_0699.jpeg

苦楽を共にした人。泣き笑いを一緒にした人。

最後のお昼のまかないは、かおチャン大ファンのミーちゃんと3人で。

IMG_1215.jpeg

かわいくって、強くって、優しいかおちゃん。そしてお客さんのことが大好きだったかおちゃん。

何処ででも、誰とでも、これからやっていける人だと思う。

うちのお店を気に入ってくれ、一緒に働いてくれて、一緒にいろんなものを見て感じる事ができて、そんな人に出会えて、私は幸せでした。

また、ひょっこりお店に来ることもあると思います。

IMG_1209.jpeg

優しくしてくださった皆さん、「かおちゃんが居たから」って言ってくれた方々、本当に有難う御座いました。


2016年から2017年へと [カフェでのこと]

みなさま、2016年も大変お世話になり、有難うございました。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

今年は大晦日、元日も営業するという初の試み。

大晦日のメニューはMママさんリクエストにより、年越しそばならぬ「年越しスープパスタ」。

PC318453.jpeg

年始は酉年と言うことで、「唐揚げのスィートチリソース玄米焼き飯 」にしました。

P1018533.jpeg

元旦は13歳のとわちんの誕生日会もあったり。

P1018541.jpeg

ラスク、はーちゃんと挟んで、皆でお祝いして。

PC318511.jpeg

年末にいらしたお客様たちから、おいしいもの、便利なもの、いろいろ頂きました。有難う御座います。

IMG_2128.jpeg

大晦日のお友達たち。年内の仕事を諦めた人、大掃除を断念した人、そんな人達がいらっしゃいましたよ~

IMG_0006.jpeg

しかし、年末年始、テレビもつけないで居ると、本当に何も実感わかないんですね。

IMG_1245.jpeg

元旦の朝食、卵、ソーセージ、クランペット。

P1018520.jpeg

大晦日に食べようと思っていたおそばも食べる時間逃してしまい、元旦のお雑煮も無しと、お正月らしいものも何も食べずに新年迎えたのは、イギリスで年末年始過したときを除いて、始めてだったのではないかなぁ。

そう考えると、それを生まれてからこの年になるまで欠かさず食べてきたって、これ凄い事だなぁ。自分の親がそうしてきてくれたからなんだけれど、凄く幸せでありがたいことだったんだよなぁと、正月に当たり前に出てきたお料理、自分で作るようになってからも、好きじゃないといいながらもテーブルに並んだお正月料理でその気分を味わってしまうと言う、本気で日本人なんだなぁ。

わたくし的には1月2日が仕事納めとなりました。

忙しく、楽しく仕事をさせていただきまして、有難う御座いました。


クリスマスウィークとクリスマスの奇跡 [柚&わたし]

クリスマスウィークも瞬く間に過ぎていきました。

とってもとっても、充実した一週間でした。

今年のクリスマスケーキはこんな感じで。

わんこケーキもたくさんオーダーいただきました。

チキンディナーと合わせてもう狂いそうでした~ 

0135f75f3ae0eecefa8a4b6b6bf3ddf13634476df3.jpg 

そしてディナーにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

クリスマスチキンの写真なんて全然撮る暇もなく、以下数枚のみ。

最終日25日のディナーの準備中。 

0186d57154cb40cfd4e944d0baddc2725b26c489b9.jpg 

お土産のツリー型レモンケーキと、ローストには欠かせないヨークシャープディング。 

0179cddb36e84cd336d772942d59cc38c409fcdf21.jpg 

もう何羽焼いたんだか、数えておりませんが、80名以上のディナーの用意をした模様です。

びっくりする数字です。そんなにいらしたのですか!!!!

ここ数年で一番忙しかった。気がします。初めて参加された方も、二度いらした方も、なんだか少し新鮮な感じがした今年でした。

 

そんな私たちにたくさんのクリスマスプレゼントいただきました。

0184a1811f53d4435ff71871ffebdaab6a0f656d5c.jpg

皆さん、本当にありがとう。ほかにも差し入れや、なんやらまで、写真撮らずに食べちゃいました~ごちそうさま。来ていただけるだけでもうれしく感謝ですのに、ほんと、ほんと、すいません、ありがとうございます。

そんな中、はーちゃん9歳の誕生日もあったり。

01cef50f6f27b9abb6b530b0176e2fbd2ba3e87913.jpg

おめでとう、9歳。 初めてママという存在を手に入れて一年たったね。ラスクと同じ。  



そんな一週間のある日、不思議な出来事が。

ある夜のディナータイム。数年ずっと来てくださっている常連のNさん。彼女のバースディディナーも兼ねていたのですが、宴もたけなわになった頃、そのNさんの様子がおかしい。

一人椅子の下を見ながら、店内を見回し、何度か首をかしげている。

「どうしたの?」「何?」とみんな。

Nさん、「あれ~?なんかいない?下に。さっきから、いるんだけど」と、店内のワンコを確認する。

一人フリーになってるラスクはNさんの向かいの席にいる。ずっと。つまり、どの犬もだれも、Nさんが座っている椅子の下にはいない。

「いや、さっきから、蹴られるんだけど」

酔っぱらってるんじゃないの~ とか、 おかしなこと言って~ なんて最初はいってたんだけど、その中の誰かが

「それ、柚ちゃんじゃない??」と。みんなで「あ~、そうか~、柚なら来そう。きっと来たんだ~」と。

亡くなった柚が大好きなNさんの誕生日に現れたってこと??

その後も「あ!!またけられた!!絶対にいる!!」とNさん。

それから柚の思い出話が始まって、柚はよくNさんの下にいたり、おなかに乗っていたりしていたから。。。

ばからしいお話かもしれないけど、なんかそんないたずら好きな柚がやってきた気がしました。

不思議なことはまだあって、彼女たちが来る前、葛根湯飲もうかってくらい寒気がして、疲れからか、すごくだるくて、困ったなぁっと思っていたのですが、気づくと、疲れも寒気も眠気もすべて吹っ飛ぶどころか、まるで即効性のある強力栄養剤を飲んだかのよう。自分でも自分の体が不思議だった。

そして、仕事終わり、11時半も回った夜中にラスクを前かごに、自転車で帰宅する途中、背中がすごく熱くなったのでした。

柚が亡くなったころ、帰るときいつも背中がすんごく熱くなって、それって私が寂しくならないように柚がそうしていたように勝手に思っているのですが、ラスクが来てからは全くその現象がなくなったのでした。

それがその夜に限ってまた起こったのです。

実は、柚が亡くなってから、大好きだったクリスマスが辛くなっていたのでした。柚の癌が進行し始めたのがちょうどクリスマスの時期。治療もできず、苦しく心配な気持ちを抱えながら、クリスマスディナーの忙しい日々を心ではいっぱい泣きそうになりながら、やり過ごしていました。

そのころの感覚がどうしても蘇ってきて。

でも、この日、あの柚が現れたのだとしたら、楽しくてしょうがなくて来たのでしょう。そして、私にこう言ったんじゃないかって。

「準ちゃん、クリスマスは楽しいものだよ。わたしは、クリスマスがずっとずっと大好きだったよ。病気になってからも、楽しかったんだから。だから、悲しまなくっていいんだよ。」

あたしへのクリスマスプレゼントかな。そう思うと、クリスマスまた楽しんでいける気がしました。

0162d7bee59c65bedcf18d5a367d145f977fa63a66.jpg 

柚~、たまにそうやってやって来るのかな。私の気持ちを修正しに。 

メリークリスマス、柚。 

 

 


クリスマス目前の [お出かけ]

 

クリスマスweekに入りましたね〜。地獄の三連休が〜いやいや、正直ね。その逆の方が苦しいですから。

休日の火曜日に出勤してやるか、もしくは連休前の一日を営業休みにして使うか。

仕込みに打ち込む日がどうしても必要で、 どっちにしようかと考え、後者にしました~。

この時期にお店の休業日を設けるのはとっても勇気がいることですが、きちんと整えて三連休迎えたいので、お許しを~。

そう決心し、手に入れた休日。午後からここへ出かけてまいりました。

01eb69ad8c39c3f2e62d7cf870ed09fcf99abb3c58.jpg 

日比谷公園のクリスマスマーケット。去年から開催してるやつ。

018a6762b6f804022cd60cf9a1f4e63f32ef9b2b5a.jpg 

噴水のある池の周りにあるこのテントの中で。

0144d7cfea6c7d835d1ffa958ab515222a2183b5f0.jpg

グリューワインを3杯飲んで、ソーセージに鹿肉に、日が落ちるのを待つ。

018562de2dd9013452a31548cb631e5c44d76012ab.jpg 

012e7d0a8533cd470d427d4a9c75b75f3fe8945c01.jpg

程よく寒くておいしくて、 テントの中で3時間くらい。夜になるほど人が増えていく。

01e4f5a12899cecc2162adc6afc1c71d1f7ff1061a.jpg 

01c501e7d7803ef2e9d65aed45ff50bb06ea054be3.jpg 

どこかのお姉さんと、みー。

0107f888cb530c031822f96132852fba7c97f6cb51.jpg 

本場ドイツのローテンブルグだったか、ハイデルブルグでクリスマスすごしたのは13年位前だったかなぁ。

この世にこんな美しい夜があるのだろうかと感動しました。

夜の石畳を歩きながら、今自分がこんな場所にいられることが、もう現実離れしているみたいで、しあわせだったな。

ただ、本当のクリスマス日に行っちゃったもんで、お店がどこも閉まっていて、食べるものがなくって、ひもじい思いをしたという。

01731c3e63c0d90adbe4a6d23eadb5cb96205a16f9.jpg 

 

 

これは隣にある帝国ホテルで開催している「スィーツアート展」

マーブルチョコの世界です~。

0110fc9a36d6a9de5fb3943555a3dca63da0a5525e.jpg 

 帝国ホテルのツリーもすごく素敵。

01b1341a6df21a99a3b2fffb9330593babf56d7644.jpg 

 

クリスマスチキンディナーの後にこれ食べちゃう人もいる。

01b89c643445e3aaa11b64df6e9731eb7d977ddc7a.jpg 

クリスマスケーキのご予約は締め切ってしまったので、ピースで提供しています。とても人気です。が、これを作り続けなければならないという新たな仕事を増やし、まるで自分の首を絞めるような行為をしてしまっている私ですが。

rでも、皆さん喜んでくれるから、いいのです~。三連休もありますよ〜

フワッフワのスポンジに控えめな甘さのクリーム。

夜中にこれ書いててすんごく食べたくなった。

一年いろいろあったみなさんに素敵なクリスマスがありますように。