So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

二匹の不思議な繋がり&イチジクさん [ラスク&わたし]

シリーズの中でも一番好きなのがシーズン5、、を見終わったと思ったら、シーズン6にすぐ繋がるという。またしてもやめられないジャックバウアー「24」あーあ。またソファーで寝落ちの朝3時だよ。




不思議だなってことが起こる。


教えてもいないのに同じことするんだよね、ラスクが柚と同じこと。


おもちゃを持ってきて自分の前にポンと落とす。


わたしが取ろうとすると自分も取ろうとする。


駆け引きみたいなゲーム。


これ、柚がよくやってた。


それをここ最近になってラスクがやりだした。



懐かしい感覚を思い出させた。


ほろっと涙しながら、ラスクと遊んだ。


「柚とね、よくこうやって遊んだんだよ、柚姉ちゃんと同じことするんだね?、何で??ラッちゃん」


そういえば、教えてもいないのに、スタッフルームにあるトイレに行こうと、ドアを開けてと、そのドアの前で待っていた時は驚いたなぁ。柚が乗り移ったんじゃないかって思ったくらい。


二年前の10月。↓ ラスクがうちの子になって一ヶ月の頃。

IMG_0641.JPG


犬って不思議だ。


ラスクは柚に会ったこともないし、血の繋がりもない。


柚がシニアになった頃、ラスクはわたしの知らないところで生まれてわたしの知らない人に飼われていた。


柚が亡くなった頃、ラスクはその飼い主に捨てられて、大阪のARKという保護団体に保護された。


ちょうど二年前の今頃。


そしてわたしに出会い、相思相愛になり、家族になった。


そんなラスクが亡くなった柚と同じようなことをするんだよね。


どっかで繋がってんのか、お前ら。って気もする。


わたしへの愛する気持ちは二匹とも一緒。


出会ったこともない二匹の間にあたしがいて、あたしを通して繋がってるのだろうか。


興味深くて面白い。



P9119448.JPG


ねえ、ラッちゃん。あなたは柚と交信してるの?


P9119449.JPG


近いよ、、(≧∇≦)ノ/


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



暦上は秋。すっごい蒸し暑いけどΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


秋の新メニュー。


P9109439.JPG


イチジクのパイです。イチジクっていつも不安定で、毎度保持するのが難しいゆえ、ない日もありますが。


このパイ生地いっぱい仕込んで、成形し、冷凍していたものを、冷凍庫の中の出し入れの際に、それを外に出したまんま放置。多分2日。( ̄▽ ̄;)


ダラダラにだれて見るも無残な姿に。そのパイ生地、何とか再生できないものかと考えましたが。。。。


「捨てました!」


ご安心を。もったいないなんて言ってられません。


IMG_0570.JPG

こちらはくるみとキャラメルチョコの入ったほろほろクッキー。


コメント(0) 

大丈夫だよ。 [雑談]

◆9月26日(火曜日)営業します。

その代わり、27日(水曜日)お休みです。


一気に気温が下がり、今日は湿度もなく、雨降りながらも、さわやかでしのぎやすい。


こんな、この頃の季節って、胸がきゅーっとなる。


夕暮れも気づけば早くなり、いつの間にやら外は真っ暗で。ワイワイガヤガヤ大忙しだった週末から一転、とっても静かな月曜日の夜は、お店を早めに閉めて、片づけを始めた。


スタッフルームで日中ずっとおとなしくしているラスクを解放してやる。やっとフリーだー!と言わんばかり、毎度嬉しそうにダッシュで走り回り、夕ご飯を食べると、ふんふんふ~ん、って店内をウロウロ。私のいる場所を確認し、かまってくれないかな~?むりか~、と、あきらめ、おもちゃを見つけたと思うと、ダッシュして、口にくわえて振り回し、一人で楽しそうに遊んでいる。


そんなラスクをしばしぼーっと見ていたら、なんだか、泣けてきた。うれしくて、、かな。

ラスクがいることが。

この季節のこの時間って本当に寂しい。だからこそ、ラスクがいてくれることが何よりうれしくって、ありがたくて。

二年前の今頃は先代犬の柚をなくして、きっと一人でこうやって、広い店内の片づけをして、電気を消して帰ったんだよな。ポツンと。。。

そんな自分を思い出すと、毎日何を思って、日々をやり過ごしていたんだろうか。


今、私と同じような思いをしている人がいて、その人のことを思うと、そのころの自分と重ねてしまう。どんな思いでいるのかと、手に取るようにわかるっていうか、あの頃の自分を見ているみたいで。


寂しいっていう事に、哀しいっていう事に一向になれなくって、月日が経っても、ちっとも。。。


何か紛らわせたくって、イギリス行こうかなとも考えた。けれど、日本に帰ってきたときの自分を想像すると、一時の紛らわせにしかならない、日常に戻った自分を考えただけで恐ろしい。


そして、休日が来るのが憂鬱で。何かしらいつも用事を入れて出かけていたけれど、ある日何も用事がなくなってしまった。

その日だったなぁ、何かしなくては、何かしたい。遊びに行くとか、習い事するとか、じゃなくって、、、


「そうだ、!!ボランティアだ!!犬の!」ってひらめいたっていうか。上からなんか舞い降りてきたっていうか。その朝急に思ったんだったなぁ。


あの時はうれしかったなぁ。なんていうか、光が見えたっていうか、道が見えたっていうか。

生きがいみたいの見つけられそうな気がして。この苦しみから抜け出せるじゃないかって、そんな希望が。


それで、保護犬の一時預りボランティアに申し込んで、やってきたのが今のラスク。


FullSizeRender (14).jpg


寂しくて、苦しかったから、保護犬のボランティアしようって、思ったんだよなぁ。。


あの時苦しくなってよかった。あの時寂しさで打ちひしがれそうになって、本当に良かった。


だからラスクに出会えた。


ラスクもあたしに出会えるのをきっと待っていた。


7A9A0C97-69D6-4522-A5F0-5E0D6D1ACA14.JPG


だから今、苦しくて、寂しくてもきっと大丈夫。


きっと導いてもらえるから。



ラッちゃんと、「24」見てます~。すきだね~あたしも。何度見るんだ。寝不足に拍車かけてる。

FullSizeRender (16).jpg


って、ラスクは特等席にいながら見てません~


FullSizeRender (17).jpg


ありがとう、ラッちゃん。ありがとう永遠の私の相棒、柚。


コメント(0) 

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ