So-net無料ブログ作成

Fish and Chipsで飲み放題@cafecrumpets [イベント、出来事]

とうとう本格的な梅雨。 じとあづ~ (; ̄ー ̄川

なので、こんなお食事メニューご用意します!!

Fish and Chips!!   

01228d463a683cd99e1bb2ffd421f770cf75c9af56.jpg 

7月の金土日、5時以降のご予約でお願いします。

お一人様大歓迎!!! 一人でも楽しいよ~ おいしいよ~

2時間のフリードリンクと以下のお料理のセット

・fish and chips(サワークリームオニオンディップ付き)

・アボカドとモッツァレラのグラタン

・ブロッコリーのシーザーサラダ 

・春雨とエビ(ヤムウンセン) 

おひとり4820円

ご予約7月の金土日 17時~19時の間のスタートでお願いいたします。

cafecrumepts@gmail.com  03-3705-5444


ラスクととことこ、近場にお出かけシリーズ。

ワンコOKのビストロ、松蔭神社にありんす。

お魚とお肉の前菜に、ビーフステーキ。おいしかったなぁ。 

018cdaed8974b2144414fb0d9234f1d34fdf2225e4.jpg 

ビールの祭典、オクトーバーフェストにも。

IMG_4887.JPG 

天気も良くってきもちいいね~ ラスちゃん!

IMG_1467.JPG 

ビールオーダーしました。

しかし、全部飲めるのか?

IMG_1501.JPG

考えてオーダーしろー。

 

こちらは駒沢の自宅前のいつもの花屋さん、「庭の花束」。 柚のお花御用達店。

そのお花屋さん、今年から天然酵母のパン屋さんも併設することに。

私はリンゴとチーズのパンがお気に入りですが、アンパンもおいしい。

01ebca94a2052daa3d322e89f0a27eddc577601046.jpg 

Baker's Pantry という天然酵母のパン屋さん。

かわいいトイプーの看板犬、アポロ君がお店にいますよ~。そして、オーナーさんは保護犬のヨーキーちゃんを迎い入れたそうです。

01f2ceb45bae3f1faf1ac17652d6b6cf6f5375fa96.jpg 

 

 


Andyさんでした! そして甘酸っぱいおNew. [イベント、出来事]

じめっとした季節にキュンと酸っぱいデザート
 
01b7e0134739d9ef87924d5ebb48d61eeb9130c460.jpg 
 
チーズケーキとレモンメレンゲパイを一緒にしてみました。
レモンパイよりちょっとまろやか。
チーズの部分はうちのお店の定番NYチーズケーキです。 
 
メレンゲは熱した飴を入れながら泡立てたイタリアンメレンゲ。
メレンゲの気泡が細かくてもっとぎゅっとした感じ。
熱を入れているので、殺菌効果もあり。
 
レモンのアイスクリームと一緒に。
 
 

 
Andy Boergerさんのイラストイベント、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 
定員オーバーでAndyさん頑張ってもらう!の回w( ̄◇ ̄)w 
 
「NYPDで働く僕と羊のシャーリー」 
 
01abed86bb4a366e89ea04fa1fe1a0cc0b76c9f910.jpg 
 
 
「アフターヌーンティをサンと一緒に。」 

015e783ea2e0a3a4646f33b19c18e98984e7794576.jpg 
 
 「フラガール アネラ&ミウ」
 
 
010f44f2f1f69cf9e7b8904cff20c7e9ca58ed35ed.jpg
 
 「私がレシピ本読んであげるねと、お兄ちゃんを手伝うこうめちゃん」
0129960da0477df2ad3fb1f0858bfd4b6b2ed2316f.jpg 
 
「ママとパパの新婚旅行先のハワイに、家族みんなで。ゆう、まつ、天国のどんも一緒に。」
 
019257a149f8e9327e29996c933417057e2bafb0b1.jpg 
 
「ニルスの不思議な旅をモチーフに。ウィルちゃんと一緒に童話の世界に」 
 
01119bf7be1f6ec5cead313c2364f91e582e5eccd9.jpg 
 
小春ちゃん16歳の誕生日を家族みんなでお祝い。天国のひよりちゃんも一緒にうれしそう。
018dcc7328f34e15afb85c4b3a834420c7c2d4c054.jpg 
この日は本当に小春ちゃんの誕生日。
012d4e2c45a94e029ad1631603233848d1fa136a8e.jpg 
ひよりちゃんも、きっとこのテーブルにいたよね。
 
 
「ママが寝るとやってくるのは天国のSweetyちゃん。はーちゃんと毎晩ママのそばにいるのは二匹の秘密だけどね」
 
013b18baddad2724a817bf9335bba2065af8838684_00001.jpg 
 
「みんなでドライブするのはアリゾナの砂漠地帯。こりき、福ちゃん、そして屋根には亀のあんこちゃん。」 
 
01dc57638a11291a6fefa8e802214aa040c986cbbe.jpg 
 
「ミーちゃんを囲んでビーチで楽しむ3匹は、マーキス、そして天国のデューク、柚。」
 
0129c99f48a6ff5997dcf967a7077896fd9f51130d.jpg
 
 
現実じゃ実現できないことを絵の中で叶えてくれるAndyさん。
 
泣いちゃうよね。生きていたら、こんなことしたかったな、、とか。
 
夢だからやっちゃおうか!とか。 
 
皆さんしか知らない物語。
 
世界に一枚の優しい物語。
 
この絵を飾って、皆さん微笑んだり、ほろっとしたり。。
 
良かったですね。みなさん。
 
アンディさん、さすがにへとへとでしたが~ ボー( ▽ )o〇O
 
でも、とっても楽しかったって、大喜びでした。
 
また、描いてもらいましょうね。
 
次は私もお願いしないとな~ 
 
 

Andyさんイベント募集&ご視聴ありがとうございました。 [イベント、出来事]

 ※この日は満席になりました

Andyさんのイラストイベント開催します。

6月18日(土)

ご希望の時間帯をお知らせください。

一枚5500円

カフェでのワンオーダーお願いいたします。

cafecrumpets@gmail.com  03-3705-5444

 

今は亡き、シェルティのデューク、ダックスの柚、そして、フェレットのロージー。 

IMG_1453.JPG 

お子様でも、ワンちゃんでも、猫ちゃん、ご自身でも。。。お好きな物語で描いてもらえます。


 

昨夜のTBSテレビ「生き物にサンキュー」から。

IMG_1454.JPG 

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

撮影準備含め3時間ほどかかったのですが、放送時間わずか10分なり~。ずいぶんカットされてたけど。。

でも!!

テレビに出れるってすごい~。やっぱりうれしい。

「ラスクを貸してください」に、承諾したものの、「あの~、うちのは、その、怖がりで、知らない人にだっこされたりすると。。。なんていうか、、、。」と、はっきりしないもの言いで現場の方に伝えたのですが、、、

あまり、その辺、重要視されず、そのまま本番。。。。!Σ(T▽T;) へっ、、、

だいじょぶか? ら、ら、らすくよ、、、だいじょぶか?私と離れたところで、カメラや、大勢の人に取り囲まれ、ライトを当てられ、知らない人に抱っこやらブラッシングやら、、、されてる。。。。。

キョトンとした顔して、私を探すわけでもなく、逃げようともせず、お座りしてる。何となく頑張ってる。( ̄∇ ̄;) 

えらいじゃん。えらいじゃん、ラスちゃん。 

image.jpeg

ボンクラとかダサいとか言われてるラスクだけど、、、結構やるじゃんか!

先日のmiliさんの撮影会サンプル撮影を初仕事に、今度は土壇場でこんなお申し出にテレビ出演まで果たす。

 

 IMG_1427.JPG

 

IMG_1429.JPG 

見てくださったみなさん、ありがとう~

テレビ画面にくっついてみるとラスクがかわいく見えるとか、ラスクの脳天のアンテナもばっちり映ってたとか、面白おかしなメール等をいただきました~。 

 

気付いた人いるかな。最初の方にちょっとだけ出てきたのは、マーキス(元スタッフ犬)でした~。 

IMG_1455.JPG 

ネコじゃないよ。犬ね、犬。 


ついに動物番組出演です(≧ω≦)b & コラージュセラピー募集中 [お知らせ・あいさつ]

来る6月8日(水)!

カフェクランペットついに動物番組に▼o・_・o▼ 

TBS 夜7時~ 「生き物にサンキュー!」 ⇒ 番組HP

カフェクランペットで撮影されました~ ラスクとワンコケーキは出るはず~!! 

番組後半になるかんじです~、どうか、みなさま、ごらんください~!

 IMG_1425.JPG

 

柚の一周忌に、週末にかけていろんな方が来てくれました。

ひっそり一人で来られる方も、ご家族ずれも、、、

みなさん、「柚ちゃん一年だからきた」って声をかけてくれ、柚のとんでも話で大笑いしたり。

素敵な言葉のメッセージやコメントもいただいたり。

うれしい供養になりました。

 

お花やお菓子もたくさん。 

P6037342.JPG

 P6067359.JPG

IMG_1450.JPG

そして、6月26日(日)&7月3日(日)コラージュセラピーやります。

午後2時半からです。

おひとり3000円 カフェでワンオーダーお願いします。

お申込みお待ちしております。 03-3705-5444   cafecrumpets@gmail.com 

 


ゆず [柚&わたし]

今日は愛犬柚の1周忌。

2015年6月2日、柚は亡くなりました。17歳と一か月。

亡くなるまでの半年間は毎日が闘病生活で、後半は過酷になるばかりでした。

鼻腔内腫瘍というガンで、治ることは望めず、残された命の時間をいかに過ごすか。

16歳の高齢とはとても思えないほど元気だった柚が、そんな訳の分からない病魔に侵された。

手の施しようがないほど、脳に浸潤していて、、、それでも放射線の治療、鍼、化学療法と、

治療を受けることができたのは幸せだった。かかわってくれたお医者さんたちはみんなみんな柚をしっかり診てくれた。

柚は目も見えなくなり、歩けなくなり、、それでも、毎日私と一緒にお店に出勤し、トイレは最後まで自分の意思で行っていた。おむつも買ったけど、ほぼ必要としなかった。

ほとんど寝たきりであっても、そんな柚との生活がそう悪いものでもなく、なんていうか、穏やかな日々だったと思う。

穏やかな時はいいのだけれど、やはり脳へ行ってしまった病気は。。。過酷でつらい。

柚自身も自分の意思と反して体がいうこと聞かず、、それが発作のようなものだったり、徘徊だったり。

たまに起こるパニックみたいなものは、私も耐え難かった。

寝ても熟睡しない、そんな柚と一緒にいたわたしも半年間寝不足で、床で一緒に寝ていた。

柚を亡くしてからも夜中に何度か目を覚ます癖が抜けなかった。今も一回目が覚めちゃう。

 

一つを乗り越えると、また次の試練。 状態は確実に悪い方に向かっていく日々で。。

柚の意思。 一番尊重しなくてはいけないこと。

言葉発しない柚の気持ちを汲み取るのが私の役目であり。 

半年間、治療を続け、最後は、もうどうすることも、小さな希望さえ持つことができなくなる時が来てしまった。そして。。

 

「安楽死」という辛い決断をしなくてはならなかった。

 

飼い主である私。 こんなきつい決断をもしなくてはならないのかと、自分の人生を呪いたくなった。

でも、事態はもう待ってくれない。柚がつらく苦しい思いをするのを長引かせるわけにはいかない。

お別れの時がきた。

柚と私の。 

 

主治医である池尻大橋の先生。 全信頼を寄せていた先生。

彼女にお任せし、指定された時間に病院に行き、

先生は柚との短い間の思い出話をしてくれ、私と柚の話を聞いてくれ、そして、その先生は。。。

 

涙を流しながら、柚の心臓を止めました。ほんとうに、泣きながら。。

処置室に入ったときにはもう、柚は気を失っていたから。。。だから、心臓が止まっても何ら変わらない感じで。

柚は眠ったまま、心臓と息が止まりました。私たちに撫でられながら、よしよしされながら。。 

静かにその時が終わった。

そのあと、先生が柚を私に返してくれるまで1時間近くの時間が過ぎた。

そして先生が抱っこして連れてきた、真っ白いおクルミに包まれた柚をみた私たちは驚きました。

本当にかわいく生まれ変わっていた。

まるで、パピーの頃の柚みたいだった。かわいらしリボン付けて、サラサラに毛並みにいい匂い。

そして、腫瘍で飛び出てしまった右目もまるで普通に目をつぶっているかのように処置してくれていた。

先生は亡くなった柚に外科的処置まで施してくれていた。本来の柚に戻すために。。。

「この子、本当はとってもかわいいんですもんね」 涙で真っ赤になった目で愛おしそうに柚を抱っこしている先生。

こんな先生に診てもらっていたんだ。柚と私は。あぁ、なんて幸せなんだろう。。

真っ白いおくるみに包んだ柚と、花束をくださった先生。

病院を出るときは何とも笑顔になったのをすごく覚えている。あの時も今日みたいに本当にいい天気で。。

かわいい柚を戻してくれて、またかわいらしい柚に会わせてくれて。。。うれしくてたまらなかった。

IMG_1422.JPG 

リボン付けた柚。 最後の柚と一晩過ごして、柚を見送りました。

幸せだった柚。 最後の瞬間まで自身の意思を貫き通し、私に「安楽死」の決断をさせた柚。

「じゅんちゃんならできるよね。お願いね。」 そういわれたみたいだ。 

でも、こうやって帰ってきた柚をみて、すべてを納得しました。こんなにきれいに戻ってくるなんて、

医師じゃないとできない。。 見えない縫合までされて、病気じゃなかったみたいな顔に戻って。。。。 

「安楽死」ってすごく怖くて、一番選択したくないことだったのに。。。。でも、これでよかった、いや、これじゃなきゃいけなかった理由が分かった。 

「柚はかわいい自分に戻りたかったんだ。リボンまでつけちゃって」 みんなで大笑い。

柚らしい。 やっぱ自分自分よね、あんた。 (≧∇≦)b 

そして、何より、最後にかわいい自分を私に見せるため。。。私を喜ばせるためだったんだよね。 柚め。

最後の瞬間まで頑張ったのは、私を喜ばせるため。私に笑ってもらえるため。。。私思いの柚。

しっかり者の柚、あっぱれな柚。

IMG_1426.JPG 

 

こんなに笑った一年後のあたしを想像していたのかな、柚は。私は想像していなかったよ。

柚が逝って、あんなにきつい時間はなかった。きついとか、寂しいとか、そんな言葉では表せない、そんなもんじゃない日々。

最愛の人を亡くした経験がある私でさえ、柚の死の痛みはそれを超えた。超えるなんて思わなかったけど、そうだった。

苦しかった。 

でも、いま、柚からのおくりもののラスクとこんな風に笑って毎日楽しく暮らしてる。 

命日の今日、寂しくないようにラスクが私の隣にいるよ。柚。

ぜんぶぜんぶ、柚の思い通りだよ。むかしからず~っと、これからも。