So-net無料ブログ作成

春の京都弾丸日帰り [旅行]

京都ってみなさん、お好きですよね。


日本人であることの誇りというか、外国人に自慢できる「日本には京都がある」です。


けどなかなかいく機会がなく、というか、この仕事する前は京都にいる友達に会いに行ったり、数年に一度は行ってたのですが、ここ13年以上ご無沙汰な土地。


ある日、京都へ行くというお二人さんがクランペットで打ち合わせをしており、気楽に、「ね、J子さんも一緒に行かない??」と誘われました。


聞くと、日帰りで行くというじゃないですか。冗談じゃない、日帰りなんてやだ。


しか~し、彼女たちが嬉しそうにみているOZマガジンの京都特集。ちら~っと、見させてもらうと、そこに平安神宮が!


私が一番好きなのは平安神宮なんですね。聞けば、そこに行くというではありませんか!


なら、あたしも行っちゃうか!!と、あっさりと便乗決定。 wo(^0^)ow


当日は朝の5時に出発とか。ひぃ~まじかよ~、、、けどそれなら8時過ぎには京都に到着。みっちり12時間滞在とのこと。 朝5時か~、でも、ま、香港行ったときは朝3時に出たからなぁ。ましかぁ。w( ̄o ̄)w


さて、当日、新幹線の車内で各々違う駅から乗り合わせる。始発の東京駅から乗るAkiさんが、お弁当を調達してくれました。ありがたい。これが楽しいのよね、旅はさ、なんだかんだ言って、食べるのが。


3人なのに、お弁当4っつって、、、( ̄∇ ̄)


unnamed (6).jpg

いくらウニ好きにはたまらんラインナップ。私、新幹線ほとんど乗ったことないから、駅弁こんなにおいしいんだって驚きました。


さて、あとは二人についていくだけ、行く場所も平安神宮以外ほとんど知らないという、わたし的には、一人ミステリーツアー。


まずは巽橋。


柳と桜の融合。 かっこいい。朝の8時半くらいには京都の町を歩いてるってすごいな。


unnamed (8).jpg

右歩いてるの私みたいです。 PhotobyRieさん



そして、私の思い入れが強い平安神宮へ。修学旅行で初めて来て、ささーっと回ったのだが、なんでかなぁ、今でもあの感覚すごく覚えているんだけど、、、高校生の私が見たこともない、感じたこともない、匂いとか、静けさという音とか、そんなものが、ずーんって、響いて、「大人になったら絶対ここに戻ってくる!!」って強く思ったんだよなぁ。。それから3,4回ここには来ているのだが、、


何度来ても、泣けるほど感動する。


unnamed.jpg


unnamed (12).jpg


枝垂桜が見ごろで、この中の庭園、「平安神宮神苑」をゆっくり見て回りました。


unnamed (1).jpg


unnamed (18).jpg


こんな光景にも。


unnamed (9).jpg


photo by rieさん


unnamed (10).jpg


丸山公園では京都のコマーシャルでおなじみのこの枝垂桜


unnamed (11).jpg


photo by rie san


テレビでしか見たことない有名人にあったような気分。あなたが、、あの桜さんなのですね。


二年坂を歩いて、見えた「八坂の塔」


unnamed (2).jpg


途中で立ち寄った、ちりめん山椒のお店。


のれんをくぐるのに、勇気がいりましたが、そんな不安どっか行っちゃったくらい、お優しいご婦人さまが対応してくださいました。おいしかったですよ~!


unnamed (13).jpg


お昼は初めて食べました。湯豆腐懐石。


unnamed (13).jpg


そして、南禅寺へ。


unnamed (16).jpg


この最上にある、三門へ向かいました。


ここに来るのは初めて。すんごい、いや、半端ないほど急な階段を上りまして。見える景色に息をのみ、足にする木の回廊の心地よさに癒され、そして、大きな大きな木の柱。しっかりと抱きしめて、包み込んでもらってるみたいな安心感をもらえる。


unnamed (4).jpg


見下ろす景色は山々もその先に続く空もず~と京都。 京都はすごい。見渡す限り京都なんだもん。 一角じゃない。全部。


unnamed (17).jpg


桜の木の向こうで写真撮ってるの、私らしいです


unnamed (12).jpg


またまた、photo by rieさん


南禅寺境内にあるレンガの水路閣


unnamed (3).jpg


弾丸という割には、ゆっくりと一日が終わりへと近づく。


祇園にいた柴犬さん。もう日が暮れだしました。


unnamed (5).jpg


帰りの新幹線。ビールと駅弁でおしゃべりしながら2時間ちょっと。


この旅行、わたし的には計画も何もなく、降って湧いたような京都への旅でした。

それって、その場所に呼ばれてるんだって、そう言われました。

だから絶対行ったほうがいいんだって。

「京都に呼ばれた」

そんな気がしてならない、迷わずに実行してよかった。


素晴らしい京都の旅に誘ってくれてありがとう。すんごい楽しい、いい思い出になりました。Rieさん、Akiさん。


京都って日帰りできるんですねぇ。


今度は秋に京都の友達に会いに行こうかな。弾丸で~ 




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0