So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆず [柚&わたし]

今日は愛犬柚の1周忌。

2015年6月2日、柚は亡くなりました。17歳と一か月。

亡くなるまでの半年間は毎日が闘病生活で、後半は過酷になるばかりでした。

鼻腔内腫瘍というガンで、治ることは望めず、残された命の時間をいかに過ごすか。

16歳の高齢とはとても思えないほど元気だった柚が、そんな訳の分からない病魔に侵された。

手の施しようがないほど、脳に浸潤していて、、、それでも放射線の治療、鍼、化学療法と、

治療を受けることができたのは幸せだった。かかわってくれたお医者さんたちはみんなみんな柚をしっかり診てくれた。

柚は目も見えなくなり、歩けなくなり、、それでも、毎日私と一緒にお店に出勤し、トイレは最後まで自分の意思で行っていた。おむつも買ったけど、ほぼ必要としなかった。

ほとんど寝たきりであっても、そんな柚との生活がそう悪いものでもなく、なんていうか、穏やかな日々だったと思う。

穏やかな時はいいのだけれど、やはり脳へ行ってしまった病気は。。。過酷でつらい。

柚自身も自分の意思と反して体がいうこと聞かず、、それが発作のようなものだったり、徘徊だったり。

たまに起こるパニックみたいなものは、私も耐え難かった。

寝ても熟睡しない、そんな柚と一緒にいたわたしも半年間寝不足で、床で一緒に寝ていた。

柚を亡くしてからも夜中に何度か目を覚ます癖が抜けなかった。今も一回目が覚めちゃう。

 

一つを乗り越えると、また次の試練。 状態は確実に悪い方に向かっていく日々で。。

柚の意思。 一番尊重しなくてはいけないこと。

言葉発しない柚の気持ちを汲み取るのが私の役目であり。 

半年間、治療を続け、最後は、もうどうすることも、小さな希望さえ持つことができなくなる時が来てしまった。そして。。

 

「安楽死」という辛い決断をしなくてはならなかった。

 

飼い主である私。 こんなきつい決断をもしなくてはならないのかと、自分の人生を呪いたくなった。

でも、事態はもう待ってくれない。柚がつらく苦しい思いをするのを長引かせるわけにはいかない。

お別れの時がきた。

柚と私の。 

 

主治医である池尻大橋の先生。 全信頼を寄せていた先生。

彼女にお任せし、指定された時間に病院に行き、

先生は柚との短い間の思い出話をしてくれ、私と柚の話を聞いてくれ、そして、その先生は。。。

 

涙を流しながら、柚の心臓を止めました。ほんとうに、泣きながら。。

処置室に入ったときにはもう、柚は気を失っていたから。。。だから、心臓が止まっても何ら変わらない感じで。

柚は眠ったまま、心臓と息が止まりました。私たちに撫でられながら、よしよしされながら。。 

静かにその時が終わった。

そのあと、先生が柚を私に返してくれるまで1時間近くの時間が過ぎた。

そして先生が抱っこして連れてきた、真っ白いおクルミに包まれた柚をみた私たちは驚きました。

本当にかわいく生まれ変わっていた。

まるで、パピーの頃の柚みたいだった。かわいらしリボン付けて、サラサラに毛並みにいい匂い。

そして、腫瘍で飛び出てしまった右目もまるで普通に目をつぶっているかのように処置してくれていた。

先生は亡くなった柚に外科的処置まで施してくれていた。本来の柚に戻すために。。。

「この子、本当はとってもかわいいんですもんね」 涙で真っ赤になった目で愛おしそうに柚を抱っこしている先生。

こんな先生に診てもらっていたんだ。柚と私は。あぁ、なんて幸せなんだろう。。

真っ白いおくるみに包んだ柚と、花束をくださった先生。

病院を出るときは何とも笑顔になったのをすごく覚えている。あの時も今日みたいに本当にいい天気で。。

かわいい柚を戻してくれて、またかわいらしい柚に会わせてくれて。。。うれしくてたまらなかった。

IMG_1422.JPG 

リボン付けた柚。 最後の柚と一晩過ごして、柚を見送りました。

幸せだった柚。 最後の瞬間まで自身の意思を貫き通し、私に「安楽死」の決断をさせた柚。

「じゅんちゃんならできるよね。お願いね。」 そういわれたみたいだ。 

でも、こうやって帰ってきた柚をみて、すべてを納得しました。こんなにきれいに戻ってくるなんて、

医師じゃないとできない。。 見えない縫合までされて、病気じゃなかったみたいな顔に戻って。。。。 

「安楽死」ってすごく怖くて、一番選択したくないことだったのに。。。。でも、これでよかった、いや、これじゃなきゃいけなかった理由が分かった。 

「柚はかわいい自分に戻りたかったんだ。リボンまでつけちゃって」 みんなで大笑い。

柚らしい。 やっぱ自分自分よね、あんた。 (≧∇≦)b 

そして、何より、最後にかわいい自分を私に見せるため。。。私を喜ばせるためだったんだよね。 柚め。

最後の瞬間まで頑張ったのは、私を喜ばせるため。私に笑ってもらえるため。。。私思いの柚。

しっかり者の柚、あっぱれな柚。

IMG_1426.JPG 

 

こんなに笑った一年後のあたしを想像していたのかな、柚は。私は想像していなかったよ。

柚が逝って、あんなにきつい時間はなかった。きついとか、寂しいとか、そんな言葉では表せない、そんなもんじゃない日々。

最愛の人を亡くした経験がある私でさえ、柚の死の痛みはそれを超えた。超えるなんて思わなかったけど、そうだった。

苦しかった。 

でも、いま、柚からのおくりもののラスクとこんな風に笑って毎日楽しく暮らしてる。 

命日の今日、寂しくないようにラスクが私の隣にいるよ。柚。

ぜんぶぜんぶ、柚の思い通りだよ。むかしからず~っと、これからも。 

 


コメント(16)  トラックバック(0) 

コメント 16

arielママ

う”~泣けてきます。。
もうあれから1年なんですね、早い。
時は流れているのだと実感します。
柚ちゃんが与えてくれた時間は素晴らしい宝物だと思います。
そして今、ラスクくんと新しい宝物を作ってるのですね。
いつか自身もその時がやってきて、また再開できることを願って、
目の前にある幸せを感じながら、楽しく過ごしましょう☆
by arielママ (2016-06-02 12:04) 

モカママ

あれから1年なんですね
FBかこちらにコメントしたことがあります
愛犬の病気のことで調べてるうちに
こちらに辿りつきました。
その時は既に柚ちゃんは逝ってしまってました

それから数ヶ月後に愛犬は息をひきとり
今は残された一頭と過ごしています
うちももうすぐ1年経ちます

なんだか懐かしく思いコメントしました(o^^o)
by モカママ (2016-06-02 21:08) 

S本です

昼間、電車に乗っている時に読んでいて、鼻水がこぼれて(垂れて)困ってしまいました。

一年になるのですね。
柚ちゃんが病気で少し元気がないと聞いても、お店ではJ子さんがニコニコしていて、柚ちゃんは日向のベッドでクウクウ寝ていて。
とても大切に大切にしてもらっているのね、と思いました。
でも、最期は辛くて大変だったのですね。

犬と暮らすことで、楽しい事、嬉しい事を沢山もらいます。
だから、最後に病気や怪我で、もう治療ができない状態で苦しんでいたら、
辛い決断をすることは、私達の責任なのかもしれませんね。

J子さんにとっては、相棒かな?
私にとっては、次女、子供です。
本当に辛かったでしょうね。

でも、とても良いお医者さんに出逢えたんですね。羨ましい。
ふわふわの可愛い可愛い柚ちゃんが腕の中に戻ってくるなんて。優しいお医者さんですね。

うちの子も、私と同じぐらいの年齢になってきました。
お互いに更年期障害で少し疲れ気味ですが、食欲は衰えません。
また、美味しいものを沢山食べに伺います。ラスクにも会いたいな。





by S本です (2016-06-02 23:05) 

えりりん&わんどんじーどん

1年ですね。

柚ちゃんのお話を聞かせて下さって有難うございます。
リボンをつけて可愛いままで、柚ちゃんらしい旅立ちだったのですね。

これからもずっとずっと柚ちゃんが大好きです。

いつかまた柚ちゃんに会えますように。
その時、またじーどんがしつこくしたらごめんね、柚ちゃん
by えりりん&わんどんじーどん (2016-06-03 03:25) 

Maru in heaven


「安楽死」という言葉だけを切り取ると人間のエゴだと言う方がいます。
しかし、愛犬が辛い病気になったことのある方ならこの言葉がどれだけ辛く重いことであるか分かるはず。

でも、愛犬は一番好きな飼い主が決めたことを全て無条件に受け入れるそうです。好きな人が悩んで悩んで決めたことだから。

きっとゆずちゃんは、一番好きな人に重い決断をさせた替わりにお返しを考えていたのですね。

わが家の愛犬まるは、病気が発覚してたった1ヶ月であっさり逝ってしまいました。看病を辛いものと考えるのではなく楽しんでいこうと思っていた矢先に…

ゆずちゃんは、自分がいなくなった後のことも考えていたなんて。ホント飼い主孝行ですね。羨ましい!
虹の橋で、ゆずちゃんからまるに言って欲しいものです。まるからの導きを胴を長くして待っているよと。
by Maru in heaven (2016-06-03 19:40) 

J子

ariel さん、
時に流れの早さに助けられたところもあり。
でもこんなに早く過ぎるのも寂しいような気もして。。
大切な時間を大事に過ごしていきたいですね。
もらった宝物に助けられながら。。
by J子 (2016-06-04 15:36) 

J子

モカママさん、
そうでしたか。
柚と同じ頃なんですね。
寂しいとは一言で言えない思いや気持ちで心がとっても忙しい一年でもありました。モカママさんもそうかな。。。

by J子 (2016-06-04 16:24) 

J子

S本さん
柚と私を温かく見守ってくださいましたね。
ありがとうございます。
あのお医者さんは飼い主の気持ちをよくわかってらっしゃる方だと思いました。そんな先生に看取られて私も幸せでした。
亡くなった顔の写真を見ても、悲しくないんですよ。可愛くって可愛くって。
ずっと相棒か同僚かみたいだったけど、最後はちょっと子供っぽくなりましたかね(*^_^*)
またお待ちしてますね。
by J子 (2016-06-04 16:28) 

J子

えりりんさん
わんどん、特にジーどん、柚を好きでいてくれてありがとう。
最後は赤ちゃんみたいになっちゃって。
なんて可愛いんだろうと、そんな風に自分の元に戻ってくれたことが奇跡のようでした。
たくさん可愛がってくださり、本当にありがとうございました。
いつか会いたいな。。本当に。。。
by J子 (2016-06-04 16:31) 

J子

Maru in heavenさん。
柚が私を通して 病院に電話させた。そんな感覚でした。
こんなことが起こるなんて、わかっていたら、犬なんてかっていなかったな。そんな風にも思いました。
でも全て、闘病、介護、死後の寂しさ。。。すべてひっくるめて犬を飼うってことなんですよね。ラスクの里親になる時はここまでいっぱい考えて、でもそれ以上にこの子と暮らしたいって思ったから。。
また繰り返しちゃう( ̄▽ ̄)
Maruさんが私におっしゃったように、逝った飼い犬は時期を見て導くことをする。。だから、まるちゃんに任せましょう。
寝てないといいけどなーまるちゃん。
柚が見たらほっぺ叩いてるかも〜

by J子 (2016-06-04 16:38) 

とっこ

文字にするより会って話したい。
から、会いにお店に行っちゃうけどw
証明?のように残したい。
そんな気もして…コメントしちゃう。

デュークが人知れず私にだけ「予感」をくれていた時、私だけが「残された時間」を感じる事が出来ていたんだと思う。
突然のようで、ちゃんと準備されていたもの。
柚やんは、まるで「ジュンコさんの決心を待ってる」かのようだったよね。
そこにある絶大な信頼と共に。
そして黙って尽くしてくれた事の数々、張ってあった伏線に後から気が付く私達、そして今もまだ続く奇跡の連続…
ワンコ達は偉大だ。
柚やんは本当に賢い。

見守ってくれてるとハッキリ感じる。
だから恥じないよう生きよう、向き合おう、と思える。
柚やんと出逢えた奇跡に本当に感謝してる。
そして最期まで、ありがとう…
by とっこ (2016-06-04 17:08) 

J子

とっこさん
デューのことも、とっこさんだけにわかる不思議な出来事、不思議な感覚。私も柚はもう2週間くらいだろうって思ったもんね。
なんでわかっちゃうんだろうね。
あの時はさ、
デューからの流れで柚だったでしょう?
あの2匹が我々を動かしたとしか。。同じ火曜日で。
おかげで一緒に思い出すことができる。
飼い主思いの可愛い2匹。
そして最後はとっこさんをも使ったね、柚は。信頼していたからなんだよね。
よくとっこさんに頼んでくれたと思うよ、柚は。
今でもずっと嬉しい。
by J子 (2016-06-04 18:22) 

お名前(必須)

心と魂を揺さぶられた記事でした。
じゅんこさん、柚ちゃん、ラスク(呼び捨てご容赦下さい)
素敵な絆は深く暖かい、そんな素敵ならぶ♡が溢るる方&お店と出逢えて幸せに思います。

ルビアーニにそっくりの可愛い柚ちゃんがいるよ、と友人に教わった事がきっかけで知ったお店。
柚ちゃんに、似ていてよかった♡

love always
エンジェルぴあにっしも、るびあーに&れいこ
by お名前(必須) (2016-06-05 10:39) 

J子

れいこさま
年を重ねても過保護にしない、そしてその気持ちにこたえるかのようにしっかり歩くようになったルビちゃん、
柚と重ねて見えるところがあります。
ラスクに喝をいれるルビちゃんも、柚みたい。
愛犬が起こした、不思議なご縁。。。
ありがとうございます。
by J子 (2016-06-06 10:27) 

kasumi

初めてコメントさせていただきます~
愛犬柚ちゃんのお命日だったのですね~
まだ1年ではまだまだお辛いでしょうね~
私は3頭のダックスを見送りました。
最後の子を亡くしてからも、相当経っていても
昨日のことのように、一緒の時間を思い出します~
最後のミニュチューが柚ちゃんにお顔も毛の色もトテモ似ていて
わが家のベルンといいますが、
思い出します~
私も最後の看病の時は床で寝ていました。
お互い、たくさんの幸せをもらい、多分、幸せを感じてもらえたのではないでしょうか?
幸せをもらえてことに感謝しながら、すごせたらと思っています~
by kasumi (2016-06-28 12:42) 

J子

kasumiさま
無償の愛で接してくれる愛犬に感謝の日々です。
縁あって自分のところに来ているのでしょうが、それが一番だって思えるようにこちらがしてあげようと思います。
毎日がありがとうですね。
by J子 (2016-07-05 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました