So-net無料ブログ作成
検索選択

いちじくのパイ そして 10年目の10年前のこと。 [イギリス]

お店の一角模様替え    明日火曜日祝日なので、営業します!!

IMG_1421.JPG

こんなクッキー作りました。かぼちゃペースト入りのさっくりなクッキー。

IMG_1657.JPG

今年もこれ!「Fig Pie」

オーダーいただいてから焼き上げるので15分ちょっとかかります。辛抱づよ~く待ってね。

あつあつ焼きたて手作りパイ。フレッシュないちぢく。はふはふおいひぃ間違いなし!

figpie.jpg


2004年11月、ここ、カフェクランペットを開業しました。

11月9日で丸々10年。よくもったね。ひっっぃ( ̄▽ ̄)  経営がうまくいかないと、ついたため息は多数。

もうやめようかと、本気で考え、風呂場で大声で泣いたこと。。これは一回か。

「安定するまでどれくらいかかりましたか?」と聞かれたりするけど、答えは「まだ安定してないです」です。なので、しょっちゅうため息ついてる次第です。多分、このお店がある限り、永遠に安定しないんだと思う。安定して気持ちが楽になると、私、きっと何も考えなくなる。根が不精なので。

でも、とりあえず、11年目にはいけそうだ。皆様のおかげで。。。。

で、10周年記念日にちなんで、なんかいろいろ考えてみます。今頃考えてますが~。。

クランペットのことについても、改めて少しずつ書いていこうかな~と思ってます。思い出しながら。。。

10年前はこんなところにいました。お店始める数ヶ月前。

ロンドンの「ル・コルドンブルー」にて。現在は移転してきれいな校舎になったそうだけど、このぎしぎしした古い校舎が懐かしいな。

IMG_0901.jpgColdon pert1 049.jpg

イタリア、日本、ボルトガル、アメリカ人、インド人、いろんな国籍のクラスメイト。レシピをくれない学校。自分で見て、書いて、記憶して作るしかなかった。ちゃんと聞いてないで、作れないと怒られた。最初は慣れなくって軽い胃炎になってしまった。授業についていけず、この学校に来てしまったことを後悔したもんだ。

Coldon pert1 040.jpg

でも、朝から晩まで毎日やってればおのずと慣れてきて、アパートに戻っては寝るまで復習、予習して、そんなことが結構楽しくなってきた。シェフたちは、アメリカ、フランス、イギリス人。一流ホテルやレストランなどで、働いていた彼らに教えてもらえる喜びはこの上ない幸せだった。すっごい厳しかったけど。

Coldon pert1 113.jpg

会社辞めて、日も経たないうちにロンドンに行ったんだっけな。とにかく時間がなくって。勇気を出して自分的にハードルが高いこの道を選んで、大正解だったと確信できる。それだけは。厳しい環境じゃないと、自分は本当に勉強しないから。追い立てられないと、やる気がおこらない。泣きべそでやらないと、身につかない。

始まった当初は出来なくて寂しくて泣いて、終わる頃にはもっと勉強したくって、別れが惜しくて泣いた。もっと居たかった。

この学校で作ったものが現在の自分の商品になっているわけではないけれど、このとき学んだ事が何を作るのにも礎になっている。基礎って、土台って本当に大切なんだなぁと、実感している。それがあるから、頭抱えながらも、納得できる自分の商品を作り出していけるんだと思う。自分が好きな味、食感じゃないものはいくら流行っているものでも、作りたくないし、売りたくない。思い入れのないものに努力できないもの。なので、好きな物を増やして広げていく作戦。これまでどおり。

 


コメント(8)  トラックバック(0) 

コメント 8

とっこの

素敵☆
そんなJ子に惚れてます( *´艸`)
これからも、そんなJ子の作り出すお菓子や空間、一緒に過ごす時間を楽しみにしてます!
十周年☆万歳〜〜っ!!!!
by とっこの (2014-09-22 17:58) 

直美だんべる

10周年おめでとうございます!
そして11年、12年目もずっと美味しいご飯&デザートをよろしくお願いします☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
本当に凄いよ、ジュンコさん(^з^)-☆
by 直美だんべる (2014-09-22 23:57) 

J子

tokkoさん、
ふへ^^♪
空間も大切よねん。季節も秋だし、やる気出てきたぞ。
いつもありがとう。力になってくれて。
by J子 (2014-09-23 08:36) 

J子

なおみちゃん、
出会えて嬉しいわって、話をこの前したね。
11、あれば12年目も泣けるほどの笑をよろしく。
かぶりもの決まったぁ??
それを真剣に考えてくれるあなたが大好きだ。
by J子 (2014-09-23 08:40) 

AYAKO

濃い人生を生きてるね。自分を追い込んで奮いたたせる…。ほんとすごい。
素敵なお店にもまた伺いたいものです。
いつかまた一緒にイギリスのあの道(どの道やねんて?)歩いてみたいなぁ。
by AYAKO (2014-09-26 16:49) 

J子

ayako
来てくれたよね~、9年前くらい??
綾子の人生もあれから随分変わったよね。
京都もまた行きたいなぁ。
イギリスのあの道は。。。blue bell roadかな~
by J子 (2014-09-27 08:19) 

mao

じゅんこさんこんにちわ。maoです。
今ちょうど壁に打ち当たってたときなので、
じゅんこさんのこの記事読んでたら泣いてしまいました。
私もめげずに泣きながらでも必死にしがみついて頑張ろうって決めました。ありがとうございます。
また帰ったら柚ちゃんとじゅんこさんに会いに(クランペット食べに♡)行きますね〜〜。
by mao (2014-09-28 05:57) 

J子

maoちゃん、 がんばってるね~ うん、うん。
泣けちゃう時は我慢しないで大声出して泣いたらいいよ。 maoちゃんよりずっととっても大人な私がそうなんだもん。
イギリス行ったときはさぁ、友達も居なくって、本当に寂しくって、 大好きなイギリスのはずなのに、ちっっとも喜べなくってね。 でも、その時期を乗り越えると、好きな場所で勉強できることがこの上なく幸せに思えたよ。大好きな景色も空気も愉しむことが出来るようになったよ。きっとそのときが来るから大丈夫よ。 辛い、きつい、さびしい時期を経験しているから余計にその先にある幸せを実感できるはず。現在の壁、試練はそこに行くまでの道のりの過程だからね。 避けられないし、通らなきゃいけないんだよね。どうか、その道を引き返さないで。歩き続けてね。 がんばれ!!
今でも泣きべそのJunkoより。
by J子 (2014-09-28 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0