So-net無料ブログ作成
検索選択

ノーリッジのモリー [イギリス2011]

2月に行ったイギリスネタ番外編。

Norwichという田舎町、ここに9ヶ月ホームステイしてました。わたしが生まれて初めてイギリスという国に降り立ち、初めての海外生活を始めた場所。そのときはほぼ英語もしゃべれない状況。当時フランスの輸入服の会社に勤めていた。周りは英語はもちろん、フランス語も話す「トリリンガル」の方々が多数。わたしの仕事は直接外国語が必要ではなかったけど、毎日が一人コンプレックス。電話も取れないし、フランス人のお客さんが来ると逃げるように仕事に集中する。会社の人たちはみんな気さくでだ~れも自分のこと気にしてないのに、、いつもそんなこそこそしている自分が哀しくって。一念発起して、英語出来ませんコンプレックスの自分におさらばする決意をし、行ったこともないイギリスへ。

その国を好きになるか否かはその土地で誰に出会うかによると思う。どんなにおいしいものを食べて、どんなに素敵なホテルに泊まっても、その国の人に嫌な印象を受けたらその国自体を好きにはなれない。わたしはラッキーだった。取っ掛かりがこれほどの田舎町(ごめん、)で、家には犬が数頭、小動物たちもいる。お父さん、お母さんが優しい。英語がなまってない。おまけにご飯もうまい!しかしそんな生活の中にも辛かった時間が。それは一緒にイギリスのコメディー番組を見るとき。字幕があってもまったくわからんのだ。何でそこで笑うんだ。どこが面白いんだ。テレビでもお茶の間でも大笑いするとお父さんが決まってわたしに振り向き「どうだ!おもしろいだろ!」みたいな顔をする。「そうだね~。へへへ」とごまかすのも毎度やってると「おめーほんとはわかってないだろ」みたいな顔されると悲しくなるのよ。

まぁ、それは抜きとしても、いろんなところに連れて行ってもらいました。じつはこの家、家族がべらぼーに多いのだ。子供が7人にその孫が15人以上だったか。ひ孫もいたぞ。+親戚ピープルです。覚えてられません。家族が多いからイベント多し。日本にいたら勘弁って感じだけど、こっちは英語を勉強するのに時間とお金を使って渡英している社会人です。時は金なり。誘われればどこにでも行きましたよ。だれだれの銀婚式パーティ、だれだれの退院パーティ、庭をきれいにしたからバーベキューパーティ、犬にパピーが生まれたから見にいこう。クリスマスにイースターと目白押し。もちろん日本人はわたしひとり。パーティなんてどうして良いかわかんないから飲むしかないです。とりあえずかけつけ数杯飲み、あとはダンスに参加し、回ってきたお酒で、なんとなく話しに参加するようになる。行くときはドキドキ、緊張、いや、やめちゃおうかなんて思うけど、行ってみると毎度「行ってよかった」なのだ。小さいながらも勇気を出してよかったなのだ。

107.JPG

7年ぶり。この家を離れて他のイギリスの町にいた時も月に一度は遊びに来てた。大好きな二人。おいしい料理。わたしのお店作りの原点はイギリス、いや、この家にあるのだ。

104.JPG105.JPG

お店でも出してるフィッシュパイに、スティームドプディング。なんてうまいんだ。

117.JPG

でもね、もうひとつ思い入れの強い理由。ある犬の事。

それはモリーというラブとロッドワイラーのミックス犬の女の子。この犬にどれだけ慰めてもらったか。いきなり違った環境にはホームシックの自分。柚を日本に残し、知り合いもなし、言葉も分からずの時。犬だけは万国共通なのです。日本語が分かるのだ。ドンだけ話しかけたかな。モリーにはいろんな話を聞いてもらった。泣き顔も見せた。

7年会っていない。元気かなぁと心配だったけど。いたの。もう14歳。

103.JPG097.JPG

このとき実は悪性の腫瘍で前足が膨らんでいた。診断されたとき残り数ヶ月との話だったのに、それから半年以上も経っていた。わたしに会うとうれしそうに擦り寄ってきて、昔のような力強さはないけれど、コミカルな愛らしさはまんまだった。

112.JPG

別れの朝、この犬にもう二度と会うことはないんだろうなぁと実感し涙がこみ上げてきた。モリーを抱きしめて泣いてる私にこんなかわいい瞳で見つめて「会いに来てくれてありがとう」といわれているようだった。

日本に戻って3日後。連絡があった。モリーが亡くなったと。

まるで私が会いに来るのを待っていたかのようだった。不思議で仕方がない。今回どうしてもイギリスに行きたかったのもモリーに呼ばれたんじゃないかとさえ思う。

女の子なのに、そう見られたことがないモリー。頭が大きくってサメみたいだとからかわれていたモリー。おもちゃの引っ張り合いでは力が入りすぎ、引きずられたよ私。私のベッドを先に占領し、一緒に寝たよね。どれだけあの大きな体を抱きしめたかな。どれだけあの大きなべろに舐められたかな。モリーがいたからイギリスでやっていけたよ。一生忘れることの出来ない、私の宝物。かけがえのない犬、モリー。いつかまたどこかで会いたい。

norwichmolly (4).jpgnorwichmolly (3).jpg

今日のブログは長くなりました。でも読んでくださってありがとう。


コメント(9)  トラックバック(0) 

コメント 9

tomotomo

誰かに会いたいと思っている時、相手もそう思ってくれてると
聞いたことがあります!
モリーちゃん、yuzukkoさんが会いに来てくれて
嬉しかったでしょうね(;O;)
私も、会社からとあるアメリカの証券会社に常駐してくれと
言われ1年ちょっといたのですが
周りは外国人かバイリンガルの日本人ばかりで
英語がほとんど話せない事に凄くコンプレックスを感じていました('_')
いまだに克服していないのですが。。。
勇気を持って行動され、ステキな出会いをされた
yuzukkoさん、やっぱりかっこいい!!
by tomotomo (2011-09-21 22:04) 

kazu

時差ぼけの時間にとっても「あったかい」をいただきました。
モリー、なんてかわいいんだ。


by kazu (2011-09-22 04:45) 

yuzukko

へ~、会いたい気持ちは相思相愛なんですね、興味深いですよ、tomotomoさん。私は急に誰かに会いたくなって、急に会いに行ったりするんです。会いたいときに会っておかないとみたいな気がして。この仕事してからままならにですが。へ~、すごい!海外勤務されてたんですか!私の夢なんですが、未だ実現できず~。
by yuzukko (2011-09-22 09:27) 

yuzukko

kazuさん、時差ぼけ辛そうね。仕事もあるしね。ご飯はちゃんと食べれてるのかな。かかる人で一週間くらいらしいですよ。私おかしいのか、時差ぼけないんだよ。モリーかわいいでしょ♪ ありがとう。
by yuzukko (2011-09-22 09:30) 

ララアント

遅くなりました。。。
yuzukkoさんのお店のルーツをそして人生(ちょっとオーバーかな)や
物の見方や考え方が分ったような気がしました。

毎日 忙しくしているからか このような記事を読むと胸がキュンとして
なんだか 良い気持ちになっています。
by ララアント (2011-09-24 12:51) 

yuumi

泣けました。゜゜(´O`)°゜
こんなに素敵なご家族にめぐり会えるなんてyuzukkoさんはラッキーですよ!
コメディー番組は上級者向けでしたか。
笑いの感覚も日本とは違うんでしょうね。

モリー、きっとyuzukkoさんに会いたかったのだと思います。
知らず知らずのうちにモリーに呼ばれてたんですよ。

by yuumi (2011-09-24 19:50) 

yuzukko

ララアントさん、会いたい人、行きたい場所、もし、出来る時に自分がいるのならすぐに行動すべきですよね。自分を取り巻く状況も相手を取り巻く状況も来月、来年は同じではないですから。。。と、経験からそう強く思うのです。生意気ですが^^;

Yuumiさん、泣いちゃった?私も泣いちゃったデス(笑) そうなのです、私はラッキーだったのですよ。どこで誰と出会うかで次の瞬間からの自分の人生が決まっていくのですね。結果的に。あれは不思議でした。呼ばれることってあるのですね。たとえ相手が犬であっても。。。
by yuzukko (2011-09-25 00:10) 

Miwa Misono

クランペットと出会わなければ、イギリスのことは思い出さなかったかも。私のホストマザーも料理上手でお菓子作りが大好きな人。クランペットでスイーツを食べるたびに、オーナーブログを読むたびに、じわじわと30年前の留学体験を思い出していきましたよ。

でもモリーちゃんとのストーリーを読んで号泣しながら、かみなりにうたれたように思い出したことがあるの。
なんとホストファミリーはジャッキーというメスのコリーを飼ってました!

実はチワワのバジルを飼うまでは犬が苦手な私。7ヶ月もホストファミリーにお世話になってたのにジャッキーを一度も撫でてないし、お散歩にも行かなかった。

目が合ったのもたった1度。居間で家族全員でテレビを見ていたら、ホストマザーがお兄さんにそっとジャッキーを部屋から出すようにと合図した。それにに気がついた私が"I'm Ok.Jacky can stayhere."
と言ったらジャッキーが驚いたように振り返って私を見たその時だけ。

今になってイギリスにいる間ホストファミリーにどんなにか大切にしてもらっていたかを痛感して、反省しまくるまぬけな私です。
たしかジャッキーは8歳だったからもう若くなかったのに私がいる間不自由な生活をさせてしまってごめんね。

だから私もイギリスに行きます!バジルの写真やバジルを通してお友達になったたくさんの種類のワンコたちとの写真を持って。

それからクランペットでしか食べられないスイーツの写真を見せて
"マミーの作ってくれたのと同じ味がするんだよ"って伝えたいです。

Junkoさんに心から感謝です!
お礼にHappy pigsを持って行くね。

by Miwa Misono (2011-10-15 15:44) 

yuzukko

バジちゃんだったんですね!うれしいです!もしかしてそのランドレディーが作ってらしたのかしら、ヴィクトリアサンドとか、プディングとか。彼女の作る料理や、お菓子、おいしかった味をうちで思い出してくれていたのなら嬉しいです。ずっと開けずにいる思い出の引き出しが、何かのきっかけでひょいと開くってことありますね。決して忘れていたわけじゃない。そのときの光景もにおいも、そしてジャッキーも一瞬によみがえったのですね。そうか~、その当時は犬が苦手だったんですね。きっとジャッキーはそんな日本から来た娘の事、理解してましたよ。意地悪されたわけじゃないですもん。犬って遠くから見ているものですよね。何も言わず、要求せず。きっと可愛かったんでしょうね。そして、マミーの味と同じなんて。。感激。ありがとう。そしていつも心から笑わせてくれるMiwaさんがそんな素敵な思い出を持ってらしたとは。イギリス話聞かせてもらいたいな。ぜひブログ書いてください!!!あ、講座は開きませんよ(笑)来週会えますね。いつもね、すっごく楽しみなの。また笑うぞ!!!
by yuzukko (2011-10-16 00:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました