So-net無料ブログ作成
検索選択

マンチェスター [イギリス2011]

◆KIZUNA NO DOG NO LIFE 写真展やってます。

展示写真も少し増えました。そして生徒さん、Mam先生撮影のポストカードの売り上げも好調。こちらはすべて震災募金となります。カメラ興味ある方はもちろん、一般のお客様、犬を飼っていないお客様も多くの方々が募金をしてくださっています。優しい方が沢山です。こちらのポストカードも品薄だったため、新たに増やしております。かわいらしい、素敵な、飾りたくなるようなポストカードが沢山です。お早めに!!


マンチェスターってサッカーのクラブチームのあるところ。。。。そしてちょっと危ない町のイメージ。はっきし言ってさほど興味がないイギリスの街。でした。が、2月にイギリスに行ったひとつの目的はその町に住む友達に会いに行く事。

ロンドンユーストン駅から特急で1時間半弱。列車もバージン。手広くやってます。この会社。

165.JPG

マンチェエスターの駅で待ち合わせ。無事に再会(よかった~)。ちっとも変わらないかわいらしいまんまの彼女。

マンチェスター出身の彼女はここのセカンダリースクールで教師してます。ひろ~い芝生の敷地にふる~いレンガ造りの建物。設立80年。もうさ、イギリスって古いのが超魅力。建物の中も廊下もすっごい雰囲気ある。 

174.JPG176.JPG

学校より素敵なのが彼女の家。これまた古いレンガづくり。町並みも平和的で、、、ごめん、マンチェスター、勘違いしていたよ。

178.JPG

もう家中どこもセンスよすぎ。自分が生きてきた中で一番好きな家かもしんない。外は古いのに中はモダンなのだ。こんな建物日本にないです。彼女の抜群のセンスに脱帽。ぜ~んぶ自分一人でやってるんだよ。えらい!特にバスルーム。シャワーブースもちゃんとある。暖炉もほんとの火が入ってあったかいのなんの。ずっといつきたい。この家売ってくれ。

182.JPG224.JPG230.JPG

ソファでだべりながらおなかもすいてきたので、近くのイタリアンレストランへ。田舎町にあるレストランって感じだけど、地元の人たちにとっても愛されている様子。金曜日の夜だからかな、満席。

194.JPG192.JPG

なんたって量が多い。そして本当、おいしいのだよ。

196.JPG191.JPG

「もう一杯行っちゃう?」といいながら何杯飲んだかねぇ、。そしてお互いの近況から昔話まで話止まんなかった。辛かった過去の話。そのときどれだけあなたに助けられたか。お互い様。「今だから言うけどさ。」「うっそ、私のことそう思っていたの?」「およよ(泣」そして、「デヴィッドベッカムはアホだよ。」「え、○○ってゲイなの」「げっ、あの人愛人だったの?誰の?」笑い止まんないね。話せば話すほど、彼女が大好きだ。うれしいなぁ、こんなところに友達がいて。

日本から来たよ~っていうと、大喜びのイタリア系のお店のウェイターさん。陽気でいいよね~♪見たまんまの方です。

193.JPG

「この後どうする?Junko」「帰りたい?それともどっか行く?」「行く行く~」。で、なぜか中東のお店へ。

一人じゃ無理~。怪しげな店内。真っ暗だす。みんな何してるかというと、「水たばこ」

203.JPG202.JPG

こんなの砂漠みたいな町でターバン巻いた人たちが吸ってるのテレビで見たことある。それがマンチェスターでできるのですよ。すばらしい!わたしは初心者なので、たしか「りんご味」(フレーバーが選べる)。タバコといっても体に害がないそうな。確かにどんなに深く吸ってもむせないし、むしろ息がさわやかになる感じ。

夜のマンチェスター市街地は怖いです。友達に「一人じゃ絶対に歩いちゃだめだよ」って脅された。

笑ったのはこの街が「ゲイヴィレッジ」とい呼ばれている事。これきちんとガイドブックにも載っていた。そこらじゅう普通じゃない人だらけに見えた。あたしらもぴったり女同士で歩いてたからそう見えてたんじゃないだろうか。

206.JPG205.JPG

ATMで並んでいると胸にパットを入れた、金髪のかつらと白い大きなサングラスにマイクロミニスカートのまるでイギリスのIKKOさんみたいな人に声かけられ、友達のように彼と話をする彼女に軽く尊敬の念(たのもし~)。最後は私と硬い握手をして「あら、あたし日本大好きよ、大阪行った事あるのよ」って。貴重でアメージングな経験。クール!

この後彼女の友達と合流しなんと、「クラブ」に出かけました。わたし、日本じゃ、そういうところ娘の頃以来行った事ないのだ。しかし、何事も経験だぁって旅先では躊躇なし。でもそこで彼女の友達が大変な事になり、その彼女をおいて、友達と二人で帰りのタクシーで大笑い。気づけばもう夜中の3時近く。遊んだね~。充実感たっぷり。

次の日は二人で朝ごはん食べて散歩して、駅まで見送りに来てくれて。夢のような1日半は終わりました。別れの日は言葉少なくなるね。すぐ会える距離に住んでないもん。だからこそ大事にしたいんだね、こういう時間、こういうチャンス。会いたい人には会えるときに会いに行く。後悔しないように。

今度はもっとゆっくり滞在するね!と約束して。そしてマンチェスターという街が住んでもいいかな~くらいの好きな場所になりました。行かなきゃわからなかったね。

 

◆5月23日(月)10時~ カフェマナーレッスン 参加者募集中

◆6月4日(土)17時~ ジャズコンサート 予約受付中です。  

  ※ 6月8日(水)16時~貸切です。

 


コメント(2) 

コメント 2

UliUli

あぁー!!この方ー!!知っていますねー。
マンチェスターにいらっしゃるんですか。
相変わらずの優しい笑顔ですね。素敵ー。

イタリアン、美味しそう!海老のお料理?どんなです?
そしてデザートもいいなぁ。

ホント、行かなければわからない良い所ってありますね。
私もドイツに行った時、イメージが良い方に完全に変わりましたもん。

楽しい旅行でしたね!
by UliUli (2011-05-17 21:55) 

yuzukko

デザートはパンナコッタだよ。えびはね、なんつーか、サフランとトマトとクリームで調理されてる感じ。ラムチョップは10本くらいあったよ。でも火の加減がちょうど良く、やわらかく、ミディアムレア。ここって日本人もたくさん住んでるらしい。緑も多くて買い物にも困らない。ロンドンに次ぐ都市かもです。
by yuzukko (2011-05-18 10:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。